ここから本文です

理系の古書について質問します。 私は古本漁りが趣味の男です。 文系の人間なの...

uau********さん

2018/12/409:26:10

理系の古書について質問します。
私は古本漁りが趣味の男です。
文系の人間なので、もっぱら人文系の本を漁っているのですが、古書の世界には理系の古書を専門的に扱っている本もあります。

根っからの文系人間なので、理系の世界はさっぱり分からず、理系の古書を求める意味が分かりません。
理系の世界については『常に新しい理論が既存の理論を塗り替えていく』といったイメージで勝手に捉えているのですが、もしそうであるならば、ほとんどの理系の本は古書としての価値はないような気がするのですが…
例えば、科学史といったものを研究している方であれば、古い本は必要かもしれませんが、それだけで多くの需要があるものでしょうか?
理系の本で古書としての価値があるものとは、一体どのような本なのでしょうか?

補足入力誤りがありました。『古書の世界には理系の古書を専門に扱っている本』は、『古書の世界には理系の古書を専門に扱っている店』の間違いです。

閲覧数:
50
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gor********さん

2018/12/421:11:39

既存の理論を塗り替えていくというのは確かにそうなのですが、ある程度確立された分野というのも存在しますし、新たな発見があったとしても大局的には過去の理論も成り立つものもあります。
例えば、物理学でいうと前者は「電磁気学」でかなり確立された分野ですし、後者は「力学」です。「相対論」「量子力学」などが発展しましたが、いままでの力学も大局的には成立しますので滅びてません(大学ではまず力学(古典力学)を学びます)。
理系の古書は、研究分野が専門的なためユーザーが少なくバイブル的な本でも増刷されず絶版になってしまったものとかが結構あります。本を書く人も少ないですし。まず基礎を学ぶ上では需要があります。
あとは過去の実験とかについて詳細が書いてあるものとかは参考になります。論文はデータベース化などされていますが、どうその分野が発展してきたかなどの時系列とかは分かりずらかったりします。また論文は細かいことは「参照文献」にまかせることもあるので。

質問した人からのコメント

2018/12/10 20:29:02

どうもありがとうございました
よく分かりました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

per********さん

2018/12/410:33:01

「古書」ってのが「古本」も含むなら、教科書として使われるような基礎的な知識が書かれた学術書は需要がありますよ。そのような「枯れた」知識は、そうそう書き換えられることはありませんから。

それに、理系・文系と二分されていますが、いわゆる文系分野でも、日本史なんてこの十数年程度の間にかなり書き換えられてますよね。聖徳太子の実在まで危うくなってたりしますし。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる