ここから本文です

賃貸物件契約トラブルについて 11月末に彼氏と同棲する為、 新居を不動産屋で...

アバター

ID非公開さん

2018/12/701:50:13

賃貸物件契約トラブルについて

11月末に彼氏と同棲する為、
新居を不動産屋で探し、無事見つかり契約に至りました。
物件を選ぶ上で、どうしても今契約しているケーブルテレビをそのまま使

いたかったので、担当者に条件として伝えていたはずだったのですが、いざ引っ越しとなったタイミングでそのケーブルテレビに物件が加入していない事が判明しました。

重要事項説明書内には、その欄の記載がなく説明を受けた段階ではこちら側も気がつきませんでした。
(蛇足ですがこの時、更新料・仲介手数料など金額に関わる箇所にいくつも誤りがあり、担当者に不安を覚えたため宅建保持者の担当者の上司にあたる方にも設備内容について再三確認しました)

今、現在不動産屋にクレームを伝えケーブルテレビを見れるように交渉していますが、言い訳ばかりののらりくらり対応に不満を感じています。

今後、満足のいく対応が望めない場合訴える事も視野に動きたいと考えているのですが、そもそもこの場合法律的にはどうなのでしょうか?

時間もあまりなく、すぐにでも弁護士に相談しようかと思ったのですが気になりました。

法律に詳しい方、ご回答をよろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
61
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dam********さん

2018/12/716:54:51

その物件全体がそのケーブルTVに加入しているという
ことではなく、借主が契約して引き込むことができます。
という内容なのではないですか。
であれば、貸主が引込を認めれば問題ないです。
そうではなく、設備としてあり、費用もかからないというなら
その証拠が必要です。重要事項説明書にもないのですから。
多分、上記の言い逃れが認められると思います。
もちろん、その業者が非を認めれば、損害賠償も
可能と思います。
その不動産業者の所属団体である宅地建物取引業協会または
全日本不動産協会に苦情を申し立ててみれば、その可能性は
わかると思います。

アバター

質問した人からのコメント

2018/12/7 17:57:02

ありがとうございました!
協会に連絡し、詳細を確認してもらえる事になりました。またその旨を伝えると不動産屋の対応が明らかに変わったので、回答に感謝します\(//∇//)\

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ech********さん

2018/12/715:27:18

↓は嘘
法律上、契約の条件として伝えているなら、35条重要事項ではなく、47条重要な事項に該当します。
当然に47条重要な事項も重要事項説明において記載、説明は必要です。

jim********さん

2018/12/707:58:13

ケーブルテレビに加入しているかどうかの説明は重要事項説明責任の範囲ではありませんから、不動産屋が説明を怠ったとしても法的責任はありません。

また隠れた瑕疵でもありませんから(契約者が契約時に部屋を目視で確認すればわかる範囲です)、大家側には契約を白紙に戻されるほどの落ち度はありません。

ただしケーブルテレビに加入が契約条件と確かに伝えていて、不動産屋もその条件を了解して契約したのでしたら、今からでもケーブルテレビに加入する手続きをする義務が不動産屋にはあると思われます。今からでも契約すれば解決することなので、契約が白紙に戻せるほどの落ち度とはいえないと思いますが。

その場合、裁判で契約違反による契約の白紙撤回や損害賠償請求などで争うのでしたら、取り交わした契約書にそのような条件が明記されているなどの、確たる証拠が必要かと思います。

そのような確たる証拠がなくても、口頭の契約も法的には契約として有効ですが、肝心の証拠がなければ契約したことの証明ができません。争いごとになったとき、相手が書類でも口頭でも約束はしていないと主張した場合はその主張が正しいと判示されることになり、あなたは敗訴します。

それと「宅建保持者の担当者の上司」とありますが、その担当者自身は宅建士ではないのでしょうか。宅建士ではないという場合は、重要事項を説明する資格がありませんので、重要事項説明書を手渡したとき、その内容の説明をその担当者がしたのだとしたら重大な違法行為になります。

その場合でも、不動産屋側の控えの重要事項説明書には、確かに宅建士から直接説明を受けたとするあなたの署名があるはずですから、いまさら覆せないでしょう。

のらりくらりな対応でも、最終的に対応してくれたならよしとして納得するよりないのではないでしょうか。

建物に傷がつくからケーブルテレビは認められない、などと言われた場合は、以前ケーブルテレビに加入していた状況証拠などを集めて、ケーブルテレビが入らない部屋なら最初から契約しなかったと争えば良いかと思います。

勝てるかどうかは争ってみなければわかりませんが、そんな訴訟で疲弊したくないと思えば大家側が折れて和解してくるでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kai********さん

リクエストマッチ

2018/12/706:26:19

どこの建物がそのケーブルテレビに対応してるかなどは事前調査できたのでは?
訴訟?を考える程、大事な条件ならご自身でも念入りに調査すべきだったのでは?とちょっと思いました、
その条件を伝えたのが仲介業者で管理会社や大家に伝わっていなければ仲介業者だけの責任で
そんな条件は聞いていない。と言われたらそれまでですが何か証拠残してますか?
いきなり弁護士と言っても引き受けてくれるかわからないので先ずは消費者センターで見解を聞いてみてからの方がいいと思いますよ☆

nak********さん

2018/12/701:52:47

内覧でわかるでしょ・・・

書類だけでも設備を見ればわかるし・・

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる