ここから本文です

財政学の均衡GDPと均衡金利を

アバター

ID非公開さん

2018/12/1303:26:18

財政学の均衡GDPと均衡金利を

求める問題についてです。

均衡GDPと均衡金利を出すには
IS曲線とLM曲線を連立して
答えを出すところは理解しているのですが

そもそも
IS曲線とLM曲線の式を
それぞれどうやれば成り立つのかよく分かりません。

ミクロ経済やマクロ経済に詳しい方
ぜひ教えてください(´・_・`)

以下が問題です↓

IS-LMモデルが次のように与えられたとする。


消費関数:C=0.75(Y-T)+200

投資関数:I=200-25r

政府支出:G=100

税金:T=100

貨幣需要関数:MD=Y-100r

貨幣供給量:MS=1000



このときの均衡GDPを求めなさい。
また、均衡金利も求めなさい。(小数点第1位まで)

閲覧数:
65
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pbh********さん

2018/12/1304:18:54

IS曲線:財市場を均衡させる利子率rと国民所得Yの組み合わせの軌跡。

Y=C+I+G(財市場の均衡条件式)より、

Y=0.75(Y-100)+200+200-25r+100
0.25Y+25r=425 …①

LM曲線:貨幣市場を均衡させる利子率rと国民所得Yの組み合わせの軌跡。

Ms=Md(貨幣市場の条件均衡式)より、

Y-100r=1000 …②

※物価水準は考慮しないと仮定。
①②より、

0.25Y+25r=425 …①
Y-100r=1000 …②

Y+100r=1700 …①´

①´と②を連立方程式で解くと、
r*=7/2=3.5
Y*=1350

アバター

質問した人からのコメント

2018/12/13 12:13:36

分かりやすい回答ありがとうございます!
とても助かりました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる