ここから本文です

元西鉄の平出凱夫投手を知ってますか?

アバター

ID非公開さん

2018/12/1510:32:12

元西鉄の平出凱夫投手を知ってますか?

1957年

スケールの大きい左投手としてプロ野球数球団から引手あまただった水戸一高平出凱夫投手(18)は、さきごろ西鉄ライオンズ入りが内定していたが、十一日水戸市鳥見町の三笠旅館で宇高西鉄渉外部長実兄庸夫氏(26)新井水戸一高野球部長立会いのもとに同球団と正式契約を行なった。

宇高西鉄渉外部長の話 平出君を発見したのは三年も前のことだが、そのときから、彼の立派な体格と、将来性あるピッチングにすっかりほれこんでしまった。多数の球団の誘いもあったが、こんごわがライオンズに入団が決定してこんなうれしいことはない。西鉄が渇望する左投手だけに、はやく第一線に出て働いてもらいたいものだ。まず六月ごろをその時期と見てよいだろう。努力しだいでは国鉄の金田や、阪急の梶本とならぶ素質は十分とみている。

平出投手の話 田舎の水戸を一歩も出たことがないので、プロ野球にたいしても、全く予備知識というものがありません。宇高さんや、先輩の金田さん、玉造さんにいっさいをお任せして、自分はただ一所懸命野球にはげむつもりです。

新井水戸一高野球部長の話 平出君の恵まれた身体は、プロ選手にはうってつけだ。下半身がまだいくらか弱いようだが、これを鍛えてドロップにスピードがついてきたらおそらく来シーズン早々に使っていただけるのではなかろうか。県下からすでに何人ものプロ選手を出しているが、投手として成功した人はほとんどないので、平出君にはぜひがん張ってもらいたい。

平出選手の略歴 昭和十四年十一月二十三日生まれ。実父貞夫氏(54)は元海軍中佐。オジ平出英夫氏も報道部長平出大佐として鳴らした海軍一家。小学校のときから野球をはじめ、硬球を握ったのは水戸一高入学後、1㍍79、73㌔という恵まれた体格を利して投げ込む豪球と、切れのよいインドロではやくから県下に名を知られていた。バックの打力がともなわず甲子園大会にはついに出場できず、その他大きな大会の経験も乏しいが、ことしの春神宮球場で行なわれた東日本高校選抜野球大会に優勝、そのとき快刀乱麻のピッチングでにわかに株価をあげた。ハワイ高校野球チームを完封したこともあり、ピッチングの将来性には定評がある。学業の成績もよく、不言実行型の性質で評判がよい。

閲覧数:
21
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ray********さん

2018/12/1923:03:43

以前学習しましたね。
知ってます。

2年間在籍。

背番号
19(1958年)
53(1959年)

通算4試合出場も打席なし。

左腕からのアウトシュートがよく、内角のドロップも球威がある。
コントロールもよい…とされてましたが野手に転向したよう。

アバター

質問した人からのコメント

2018/12/22 09:02:45

うひょおおおお

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる