ここから本文です

日本のサッカーに

bri********さん

2018/12/2300:15:20

日本のサッカーに

パスをつなぐサッカー

の概念を教えた、日本に根付かせた

そもそもの人間は

誰でしょうか?

閲覧数:
90
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uni********さん

2018/12/2313:17:27

捌ける選手は歴代の代表選手、特に10番の選手の特徴からもパスサッカーの傾向を日本は持っていたことは分かります。日本リーグ時代でも、読売クラブのサッカーを始め、ラモス瑠偉、与那城ジョージ、ネルソン吉村のように個の力でもブラジリアンに大きく影響を受けていたことも分かります。この土壌は、かなり大きいと言えます。

長い日本サッカーを観ていも、拍車が掛かったのは、知る人ぞ知る、横浜フリューゲルスのレシャック監督が遠藤保仁を見出したことも大きいと思います。それと彼の同世代に小野伸二という天才の中の天才パサーがいた事。

あのユースチームは、ダニッシュダイナマイトとも言われますが、中田浩二ら3バックの前に、遠藤、つまりペップを置くようなかつてのバルサのスタイルとも言えます。同時代で、深くサッカーをしていた人なら、少なからず影響を受けたでしょう。同時にトルシエは、攻守の表裏関係で、明神智和や稲本潤一、酒井友之、森島寛晃のようなハードワークと攻守の要となる選手を攻守を問わず好んでいた、重要性を説いていましたね。日韓大会は、当時の世界レベルと日本のフィジカル的な差やスペインが頭角を現す以前のあの戦術的傾向、バランスを考えても耐久性のあるチーム構成をせざるを得なかったのでしょうけど。

A代表よりも、あのユース年代の影響はかなり大きいと思います。後のパスサッカーの世界的な象徴となるスペインのシャビを相手にしたユース大会でも、結果を残してしまいましたから。将来的な選択肢は、自ずと導かれるようなものとなりました。その後も、パスサッカーへの偏りや日本サッカー、特性との兼ね合い、変動する世界のサッカーの流れもあって様々な紆余曲折があり、迷走をし続けることになるのですが。

質問した人からのコメント

2018/12/27 00:14:36

ご回答ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yat********さん

2018/12/2313:25:12

資料をご覧ください(http://library.footballjapan.jp/user/scripts/user/story.php?story_i...)。
戦前まで遡るんですねえ。
勉強になります。

har********さん

2018/12/2309:32:26

ラモス瑠偉

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる