ここから本文です

化学の問題なのですがいまいちよくわかりません。次の問題の解答と解説をしていた...

amn********さん

2008/10/2220:49:48

化学の問題なのですがいまいちよくわかりません。次の問題の解答と解説をしていただけませんか??わかるやつだけでもお願いします。

1)
多くの水に溶ける物質は発熱する。しかしある種の物質は水に溶けると吸熱して溶ける。この現象を[ΔG=ΔHーTΔS]の式を用いて説明せよ。


2)
食塩NaClが水に溶け、有機溶媒に溶けない理由を説明せよ。

3)
次の反応が進行する理由を説明せよ。
・BaCl2+Na2SO4→BaSO4+2(NaCl)
・HCl+NaOH→H2O+NaCl

閲覧数:
480
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2008/10/2421:57:19

1)資料が要りますね。

2)簡単に説明しますと、有機溶媒は非極性のものが多いので、
異なる性質である電荷を持つNa+とCl-からなるイオン結晶は混ざりにくいです。
しかし、水は極性を持っているので、
似た性質を持つ電荷を持つNa+とCl-からなるイオン結晶は
水に溶けやすくなると言う訳です。

3)ギブスエネルギーを使って説明するようなので……。
これは標準生成自由エネルギー変化ΔG°<0となればいいのです。
資料が少ないので、答えを書けませんが、例として
6CO2+6H2O→C6H12O6+6O2(光合成)は成り立つのか?
CO2=-394.4kJ/mol
H20=-237.2kJ/mol
C6H12O6=-910.6 kJ/mol
O2=0kJ/mol。
この反応のΔG°=(C6H12O6+6O2のΔG°)-(6CO2+6H2OのΔG°)
=(-910.6+0)-(-394.4×6-237.4×6)
=2880kJ
と言う訳で、ΔG°>0となり、この反応はめちゃくちゃ起こりにくいということが分かりました。
逆の反応6CO2+6H2O←C6H12O6+6Oは-2880kJとなり
ΔG°<0となって、非常に起こりやすいと言うことが分かりました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる