ここから本文です

下町ロケット テレビ版のヤタガラス編の最後、納得いかないです。

アバター

ID非公開さん

2019/1/305:02:28

下町ロケット テレビ版のヤタガラス編の最後、納得いかないです。

ギアシャフトのライセンス供与は無償、有償どちらだったのでしょうか?

農家を救うためだけなら、既に納品済みのダーウィンに対してのみリコール用に使用許可を与えればよかったのでは?

尾上菊之助と古舘一郎を助ける必要はなかったのでは?
佃の社員が可哀想です。

閲覧数:
520
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eag********さん

2019/1/408:24:09

無償なら、会見で無償だと強調するでしょう。

特許技術の提供を説明している時点で
有償でしょう。

〉尾上菊之助と古舘一郎を助ける必要は
〉なかったのでは?

それは、ダーウィンを買った農家を
犠牲にする必要があります。

〉佃の社員が可哀想

ダーウィンをリコールする度に特許使用料
がはいるのに?

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/1/409:10:43

    既に出荷済みのダーウィンについてのみ特許利用を許すが新規は出荷停止。また、低金利でのランドクローへの買い替えの資金を帝国重工ファイナンスが用意する。
    という案はどうでしょうか

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yok********さん

2019/1/311:36:01

ライセンスはもちろん有償でしょう。
佃製作所はそれだけで十分稼げるし。
また今回供給したシャフトだけじゃない別の部品にも問題が出るかもしれない。

ダーウィンを助けたのは、心意気以外に、このまま見捨てると無人農業化自体、世間の信用を失い、帝国重工、佃、野木教授も共倒れになってしまう危険性もあり得る。

ビジネスってそういうもので、今回の件で帝国重工側が主導権を握れたことが大きい。

tug********さん

2019/1/310:57:31

通常ならトラクターを作っているヤマタニマシナリーの社長がトランスミッションをギアゴーストから佃製作所に部品供給元変更でしょうね。それまでは、ギアゴーストのトランスミッションを新品載せ換えで対応です。新品のトランスミッションが即故障はないでしょうから、保証期間3年か5年で保証期間内の故障という事で使用農家には無償修理です。トランスミッションのみの故障ならギアゴーストは無償修理で倒産です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

oba********さん

2019/1/310:26:20

有償でしょう。

元ネタはおそらく70年代初期にスズキが4ストエンジン開発で失敗、
急場しのぎでライバル企業ダイハツの軽自動車用エンジン供与で
鈴木社長が親会社のトヨタに頭を下げた故事でしょう。

gta********さん

2019/1/309:47:18

○ ギアシャフトのライセンス供与は無償、有償どちらだったのでしょうか?

「ライセンス契約に応じる」と言ってたので有償でしょう。

○ 尾上菊之助と古舘一郎を助ける必要はなかったのでは?

彼らを見捨てると佃のキャラも立たなくなりますよので。

usa********さん

2019/1/308:57:34

尾上が言ってたように下町の心意気なんでしょう
さすがに無償はないと思いますがロケット開発も続くみたいですし、これからも新しい製品を開発していくでしょう

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる