ここから本文です

アメリカの裁判で質問です。 洋画とか見てて、善人がしかたなく犯罪を犯した場...

fas********さん

2019/1/309:39:04

アメリカの裁判で質問です。

洋画とか見てて、善人がしかたなく犯罪を犯した場合。
陪審員が有罪、判事が奉仕活動を命じることがあります。

そういえば、先日密猟者に小鹿のバンビという映画を強制的にまさせるというおもしろい判例も出たようです。

いわゆる執行猶予みたいなものだと思うのですが、慈善活動をさせることが罰になるのでしょうか?
日本にもこういった慈善活動を強制する判決はあるんですか?

閲覧数:
36
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/1/718:07:02

この場合、

自らの意思で行う「慈善活動」ではなくて、

矯正のために課する「役務」と解釈します。


日本では、軽度の交通違反(犯則行為)の場合刑事処分ではなく、
反則金制度という一種の行政処分ですませることが有ります。
多くは同時に交通安全のためのビデオを見せて「教育」もします。

お金に苦しい人は金員の納付をせずに、交通整理の補助などの一見善意による奉仕にも見える「役務:強制労働」で替えることができる場合があります。


どちらもしないと、短期の禁固刑に当たる「拘留」が課せられます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2019/1/309:51:22

カテを変更してください
暮らし→法律

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる