ここから本文です

つのだじろうの「5五の龍」や、能條純一の「月下の棋士」って、登場人物がヤクザや...

ffk********さん

2019/1/617:57:13

つのだじろうの「5五の龍」や、能條純一の「月下の棋士」って、登場人物がヤクザやキチガイみたいなのばかりで、ちょっとキャラ濃すぎですよね?

いくら漫画とはいえ、棋士は皆あんな人格破綻者ばかりではないと思いますが・・・

閲覧数:
46
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/1/623:51:15

月下の棋士は奇人変人大集合ですが、人格破綻者はわずかです。5五の龍に出てくる棋士は普通です。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kaz********さん

2019/1/623:28:35

コミックスの中の棋士は、確かにキャラが強調され過ぎという感じがありますし、実際のプロ棋士は、だいたい平均的市民のキャラに納まっている感じがします。

但し、これは時代背景もあるようです。昭和の棋士の中には、真剣師というバクチ将棋出身者もいましたし、升田先生のように、キャラの濃さを売りにしていた勝負師的な棋士がたくさんいました。

最近の棋士は、小中学生から奨励会での番数をこなして育った人ばかりになり、キャラで他を圧倒する人は減りました。その代わり、日々の研究量と読みの分量で他を圧倒する棋士が増えているようです。

そういう理由から、コミックスの棋士と、実際の棋士では、違和感があるのは当然なのかもしれません。

heb********さん

2019/1/620:46:25

「5五の龍」にはそんなに変な人はいません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる