ここから本文です

江戸時代の武士は、たとえば何らかの事件で潔白であるにも関わらず嫌疑がかけられ...

アバター

ID非公開さん

2019/1/709:10:09

江戸時代の武士は、たとえば何らかの事件で潔白であるにも関わらず嫌疑がかけられてしまった場合、
「日ごろの精進が足りないから疑われるのだ」と、わが身を恥じて切腹したという逸話を聞いたことがあります。

それが本当なら、情報源をご存じの方はいませんか。

閲覧数:
42
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bia********さん

2019/1/717:13:14

「西鶴諸国話」にある思うよ。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/1/717:16:24

    ありがとうございます。
    探してみます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる