ここから本文です

付加年金・iDeCo・NISAについてご質問させて頂きます。 全くの初心者の為、ご質問...

res********さん

2019/1/910:11:31

付加年金・iDeCo・NISAについてご質問させて頂きます。
全くの初心者の為、ご質問に不明点がありましたら申し訳ございません。

ネットで調べた所、自営業者は、付加年金+iDeCoがおすすめとありました。
質問①
iDeCo67,000円までなら付加年金の加入ができるとありますが、67,000円とは月額の掛け金の事でしょうか?
質問②
付加年金+iDeCoを満額加入していても、NISAに加入はできるのでしょうか?
質問③
付加年金+iDeCoを満額加入していても、NISAに加入できた場合よりも、付加年金+iDeCo+小規模企業共済の方が良いのでしょうか?
ご回答よろしくお願い致します。

補足67,000円が月額であることは解決しました。
iDeCoの掛け金を途中で変更することは可能でしょうか?

閲覧数:
218
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tro********さん

2019/1/1409:35:05

①OK
②OK
③NISAはまったく仕組みが違うので、別個に加入できる
短期資金が長期資金でNISAを使い分けるけど、定期預金位の効果しかないよ

イデコよりも小規模企業共済を優先させるべきだと思う。
所得税の効果は同じだけど、受け取る時の税金が、小規模企業共済の方が有利になると思われる

国民年金基金はイデコと同じで枠での加入になるのは知ってると思うけど、充足率が圧倒的に低いので加入するのはリスクしかない

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ohn********さん

2019/1/1217:24:58

2に関しては出来ますよ。

3に関してはどちらでもいいんじゃないでしょうか。

ちなみに自分は付加年金にイデコ、共済年金、個人年金、共済退職金制度全て利用しています。

税が優遇される物は利用出来るものはなるべく利用しましょう。

大変だどは思いますが自分は老後官僚クラスの年金を目標にしています。

sho********さん

2019/1/916:33:35

質問の解答にはなっていませんが、自営業者はiDeCoよりもまず国民年金基金を優先すべきです。

自営業者は基礎年金(国民年金)だけで、サラリーマンの厚生年金がありません。
その代わりとなるのが国民年金です。

iDeCoも老後資金ですが、使えば無くなる資金あので貯金と同じです。

sou********さん

2019/1/910:41:13

(2)の回答
加入できます。
NISAには加入制限がありません。

(3)の回答
所得税や住民税額が多い人なら小規模企業共済の方が良いでしょうね。
付加年金+iDeCoで所得税が0円になる人は、小規模企業共済による節税効果は無いです。

補足への回答
途中で変更することは可能です。
当然ですが、限度額範囲内での話ですが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる