ここから本文です

回答受付終了まであとわずか 回答を投稿すると知恵コイン15枚が追加されます

会計監査についての質問です。 A社の監査中に、監査人は、流動比率が1.75に下落...

kou********さん

2019/1/1720:00:03

会計監査についての質問です。

A社の監査中に、監査人は、流動比率が1.75に下落したことに着目した。会社の借入金契約(条項)は流動比率2.0を維持すること要求しており、それが達成されなけ

れば借入金の即時全額返済が求められる。監査人と被監査会社は、銀行に相談したが、銀行は、会社が過去数年間にわたって営業損失を計上し、十分な資金調達手段を持たないことから、借入金契約(条項)を放棄しようとしない。監査人は、会社が他から十分な資金調達を行い得るかどうか、また、営業を続けられるかどうかについて重大な疑義を有している。しかしながら、経営者は、会社が当該問題を解決することに自信を持っている。会社は、追加的な情報開示の必要性を認識していない。なぜなら、経営陣が、個人資産を抵当に入れて代替的な資金源を見つけることを確信しているからである。

このような監査の状況での監査報告書の種類とその合理性(理由)を教えていただきたいです。

長文失礼しました。

閲覧数:
9
回答数:
0

違反報告

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる