ここから本文です

水質についてですが、硝酸を減らすにはひたすら水換えしか方法はないのでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2019/1/1020:16:03

水質についてですが、硝酸を減らすにはひたすら水換えしか方法はないのでしょうか?

閲覧数:
101
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

act********さん

2019/1/1206:21:01

淡水なら水草を入れたら下がると思いますよ。

アバター

質問した人からのコメント

2019/1/13 20:51:41

ありがとうございます!
詫び草いれてみようと思います

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

phd********さん

2019/1/1315:04:50

淡水は皆さんおっしゃる通りですが、海水も海藻で減らせます。プロテインスキマーは分子量の高いものを除去する、すなわちやがては硝酸塩になるものを除去するのであって直接硝酸塩は減らせません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tab********さん

2019/1/1102:30:33

手軽で金がかからず、いつでも、どこでも、誰にでもできる方法が水替えです。間違いありません。

ゼオライトが吸着するのはアンモニアとCaなどの金属イオンだけ。これはゼオライト内部のNaイオンが放出され、水中の別の金属イオンに置き換わるためです。

ゼオライトは酸性物質のH+水素イオンそのものは吸着しません。

活性炭は分子量が大きなもの(酢酸系CH3COOHなど)はそのメッシュに捕らえます。NO3の含まれる分子量が大きな複合化合物であればそれを吸着しますが、
硝酸の通常状態、(H+ & NO3-)では吸着しません。

工業用濾過機のめっき液(強酸性)の不純物ろ過には活性炭が使われます。酸性物質を何でも全て吸着したら、めっき液のろ過として用を成しません。

また活性炭はその素材と焼成条件で、アルカリ物質を引き寄せるもの、酸性物質を引き寄せるもの二種類あります。


つまり水中の遊離イオン状態のNO2やNO3を吸着するために、ゼオライトや活性炭を使うというのは、明らかに科学的に間違っている「たわごと・デタラメ」です。

単に「酸性物質を吸着する」という目的なら、活性炭にはその効果があるものがあります。

「酸性物質の吸着」と「NO2やNO3の吸着」はまったく別の話です。
質問主はおまちがえなく。

間違いを堂々と回答する人は知恵袋の上にカテゴリー問わず、いくらでもいます
(回答の真偽はとわないのが、知恵袋投稿のルールです)

con********さん

2019/1/1100:48:40

上部フィルターのろ材入れになす植えとけばいっぱい吸ってくれると思いますよ。

aut********さん

2019/1/1100:10:40

あるにはありますが、どれも手間や金がかかったり、あるいは難しかったりするので、
結局水換えが1番簡単じゃないか!という結論に至ると思います。

ari********さん

2019/1/1023:45:40

淡水ではそうですね。
水草が吸収もしますが、生体数と水草の量のバランスがとれないと水替えなしは難しいと思います。
植物の生長には、窒素(硝酸塩などの窒素化合物)・リン酸・カリウムなどの肥料のバランスもとらないといけない(どれかが少ないとうまく生長しない)ですし、育ったら育ったでトリミング作業に追われるし、だったら素直に水替えした方が楽だったりするかもしれません。
まあ、水草があると水替えの量は少しは減らすことができるので、無いよりはマシだと思います。

海水の場合はプロテインスキマーとNO3:PO4―Xとかの商品を使うことで硝酸塩を減らすことができます。
うまくすれば水替え無しでもしばらく大丈夫です。
まあ、あまり変えないと海水のミネラルバランスが崩れるので全く変えないわけにはいきませんが。
硝酸塩だけをみれば水替え無しでもゼロで維持できます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる