ここから本文です

投票受付終了まであと3日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

高校地理。貿易風が吹くと雨が多くなるのはどうしてですか?

アバター

ID非公開さん

2019/1/1300:58:27

高校地理。貿易風が吹くと雨が多くなるのはどうしてですか?

閲覧数:
21
回答数:
2

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

com********さん

2019/1/1513:34:30

nga/the comet program

https://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~keikei/eps2/arch2016/No05.pdf
1月亜熱帯高圧帯という中緯度高圧帯は北極と南回帰線の熱循環により極大化します
アジアの中緯度高圧帯もですがアゾレス高気圧が7月のようなぼんやりとしたものでなくはっきりと形をあらわします教科書の大西洋貿易の風と冬雨の地中海式気候の組のことです
南半球の貿易風は7月強くなりますから東アジアの赤道西風の雨とやはり組となっています
教科書の貿易風と雨は経験法則ですが論理的にも太平洋と大西洋で説明できるわけです

nga/the comet program...

cod********さん

2019/1/1413:31:33

貿易風は冬ですからこのとき熱帯収束帯は赤道より南に位置します
太陽熱で温められた表層の海水は上昇して雲になります南半球熱帯収束帯のところは雨期です季節が変わり夏南東貿易風が赤道を越えて南半球から来ます熱帯収束帯も北回帰線まで移動しています北半球は雨期に入っています雨量が増加します

  • cod********さん

    2019/1/1421:57:09

    ハドレー循環という熱の輸送です夏北極は白夜になります北回帰線と北極の間の熱輸送は少なくなります熱輸送は北回帰線と極夜(白夜の反対状態)の間に行われます貿易風も南半球の中緯度高圧帯から来ますこのとき南半球は冬ですが真冬ほど大気の循環は大きくなります南半球貿易風は極大となります北半球に目を向けると熱帯収束帯が北回帰線上で活動しています
    大気循環の観点から見ると双方は同一の現象裏と表というわけです
    表だけの世界または裏だけの世界は科学にはありません

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる