ここから本文です

この壬申の乱の説明的に持統天皇は父である天智天皇の弟と結婚したということです...

アバター

ID非公開さん

2019/1/1317:56:50

この壬申の乱の説明的に持統天皇は父である天智天皇の弟と結婚したということですか?

持統天皇,天智天皇,天武,天智,壬申,大田皇女,叔父

閲覧数:
66
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

矢法太郎さん

2019/1/1409:23:11

持統天皇だけじゃないですよ。
そのお姉さんの大田皇女も嫁いでます。
さらにもう二人、大江皇女、新田部皇女も同様です。
天智天皇は弟に自分の娘を4人も嫁がせているんです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gkt********さん

2019/1/1409:02:34

天武天皇の出自については色々あるけど、教科書通りの勉強をするにはまだはっきりしていない説なので忘れていいです。
歴史をもっと深く学びたいと思うまですみっこに置いておきましょう。
学校の勉強としては叔父と姪の結婚でOKです。
実の姉である大田皇女と一緒に叔父さんと結婚しています。
その後、天智の他の娘たちも天武の妃になっています。
この時代は近親婚が当たり前なのと、皇女の結婚相手は皇族に限られていたため手近な結婚相手として叔父・異母兄弟・従兄弟が選ばれていました。

pin********さん

2019/1/1408:27:03

「持統」が「天智の娘である」と言うのはOK。
「持統が天武の所に入ったのもOK,ほとんど政略的婚姻」。
「日本書紀の言う、天智と天武は実の兄弟」、これはOUT。
「天智」は「第30代百済武王の皇子である翹岐王」。
「天武」は「九州倭国王筑紫君薩野馬」で、二人は赤の他人です。
「日本書紀」は、「当時の列島の最高権力者である九州倭国王」と「天智の百済からの列島への亡命」を隠蔽しています。
太古の昔(神武)から列島は「万世一系」と言う基本的な考え方を踏襲しています。
この回答は、テストや採用試験には使用不可です!
「歴史は、定説をしっかり読み理解して、そして疑え!」。
これが楽しくて面白い!!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pri********さん

2019/1/1320:34:41

表書きの歴史ではそうだけど、天智と天武は実の兄弟じゃないよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fud********さん

2019/1/1318:25:46

壬申の乱の以前に、鵜野のささらの皇女(のちの持統天皇)をめとっています。乱の最中に結婚したのではありません。
ちなみに、天智天皇の四人の皇女が、大海人皇子の后になってます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる