ここから本文です

借地借家法、民法に関しての質問です。 借家関係において建物賃貸借契約の存続...

tak********さん

2019/1/1400:39:06

借地借家法、民法に関しての質問です。

借家関係において建物賃貸借契約の存続期間は1年以上で一年未満の定めをした場合は期間の定めがない賃貸借になりますがなぜ民法604条一項の最長50年の

規定は適用されないのですか?

借地借家法,民法,建物賃貸借契約,借家関係,存続期間

閲覧数:
10
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jhm********さん

2019/1/1400:41:13

借地借家法
(建物賃貸借の期間)
第二十九条 期間を一年未満とする建物の賃貸借は、期間の定めがない建物の賃貸借とみなす。
2 民法第六百四条の規定は、建物の賃貸借については、適用しない。

質問した人からのコメント

2019/1/14 00:42:08

簡単に調べれば分かることでした。
ありがとうございました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる