ここから本文です

ピアノ。グリッサンド技法について。 グリッサンド技法は、古典時代の楽曲にはあ...

wm2********さん

2019/1/1414:53:21

ピアノ。グリッサンド技法について。
グリッサンド技法は、古典時代の楽曲にはあまり見られませんが、ドビッシーなど近代の曲(例:花火)には割りと多く出てくると思うのですが、いかがでしょ

うか?

閲覧数:
54
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

llv********さん

2019/1/1420:33:28

古典派時代は、ピアノではなくてピアノフォルテ(フォルテピアノ、ハンマークラヴィーア)ですから、今のピアノとは仕組みが違います。ですから、全く同じと思ってはいけません。
とはいいながらも、
ベートーヴェンのワルトシュタイン・ソナタ最終楽章のコーダ(ハ長調)で、右手をオクターブに広げたまま、2オクターブを急降下する場面があります。ただし、ハ長調だからこそできる。ですから他の誰かの曲でもグリッサンドの例が無かったというわけではないでしょう。

ただ、グリッサンドでなきゃいけない場面というのは、おっしゃる通り、そうそうありません。そういう音楽の時代だったからです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tak********さん

2019/1/1417:20:07

ピアノ的に無理だったのでは?古典派なんてピアノらしいピアノはないし早く弾くと隣の鍵盤が押せなかったとか聞いたことある。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる