ここから本文です

僕が北見北斗高校を受験したときは、たまたま数日前の卒業式に列車事故があって隣...

lov********さん

2019/1/1511:23:52

僕が北見北斗高校を受験したときは、たまたま数日前の卒業式に列車事故があって隣町からJRで下見に北斗高校に行くときに近くの空き地に壊れた列車が置いてありました(往復のさい、

ほんのちらっとしか見ていませんけれど)。あれが今でも怖いんです。列車は壊れるとすごいんですね。

さいわい死者はでなかったそうですが、

あれ以降、列車に乗るときは必ず最後の車両に乗る、と決めています。

とくに意味のないまじないのようなものですか?

閲覧数:
399
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2019/1/1512:26:40

最後尾が安全とは限りません。
後続列車がブレーキ降車でぶつかってくる場合もあります。
いずれにしても日本の列車事故の頻度は非常に少ないので、
あまり気にすることはないです。
歩道を歩いていて車が突っ込んでくる方がずっと危険です。
「列車の事故はめったに怒らない」これをまじないのように唱えてみては如何ですか。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kgu********さん

2019/1/1513:12:32

>意味のないまじない
事故に限らず、死ぬと生きるは大違い。
電車が好きで、事故(安全)について調べたことが。

列車事故で乗客が死亡するのは、1輛目と2輛目。列車が線路上だと死亡者は、まず出ません。運転手だけは危ないので、「高運転台」にしたとか。
列車事故では、1輛目と2輛目が線路から外れて「く」の字。それでも3輛目は線路上→死者は無し、のバターンが多い。ですので、私も1輛目と2輛目は避けていました。

追突もあるので、最後尾車も避けていました。
それでも、JR尼崎の事故では、5輛目まで死者が出たようですが。
今は、毎日が日曜日。北海道もそれまで敬遠していた飛行機で(笑)。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる