ここから本文です

幣原喜重郎は昭和恐慌のころ再び外相に起用されましたが、浜口雄幸はなぜ強調外交...

アバター

ID非公開さん

2019/1/2116:57:18

幣原喜重郎は昭和恐慌のころ再び外相に起用されましたが、浜口雄幸はなぜ強調外交を復活させたのですか?

閲覧数:
14
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zeu********さん

2019/1/2117:09:43

だって、浜口内閣の方針といえば、金解禁と緊縮財政ですよ。

緊縮財政って、要するに極力政府のお金を使わないことです。
戦前の日本で最も歳出費を占めていたのは国防費、軍事予算です。

軍艦の新造なんてとんでもない!
だったら、欧米と歩調合せて軍縮条約に調印して、とんでもない軍備を要求する軍部を黙らせるのがベスト。

欧米も日本もくだらない軍拡競争して、金のムダ使いも防げるのだから、協調外交は絶対に必要ということです。

そこで浜口内閣の協調外交路線で登場したのが、ロンドン海軍軍縮条約。
幣原外交のたまものということです。

右翼や軍部は統帥権の干犯だと難クセつけましたが。

アバター

質問した人からのコメント

2019/1/21 17:40:00

なるほど!よく分かりました!ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる