ここから本文です

惑星ソラリスだけど最後なに意味してる?ぜんぜん話題なんなかった映画?

opq********さん

2019/1/2323:37:26

惑星ソラリスだけど最後なに意味してる?ぜんぜん話題なんなかった映画?

補足dvd特典映像だけどディスク1の「鏡2分38秒」と「光と影のバラード2分33秒」どこに有る?ディスク2の「ボンダルチェック当時を語る」と「バニオニスについてのドキュメンタリー」どこに有る?

閲覧数:
129
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gdj********さん

2019/1/2414:03:23

以前東急かどっかの映画チケット前売りコーナーに行ってこの映画のチケットを買おうとしたときのこと。
カウンターの女の子が「題名は?」と聞くから「惑星ソラリス」と答えたら明らかにバカにしたような表情になった。

「このおっさん、いい歳してこんなもん見に行くの?ほんとオタクってきもいわ」

特撮の怪獣ものか何かと思ったのだろう。

他人を非難する前に自分の無知を恥ずべきである。

とまあ余計な話はここまでにして本題。


筋は惑星ソラリスの海が知性を持っていてそれが人間の思念を具体化してしまう力を持つという設定。

登場人物は自分の思念の中に閉じ込めておいたさまざまな「思い出」が現実の実体をもった存在として目の前に現れたことにより精神的パニックに陥り、ある者は発狂し、またある者はその「思い出」の重さに耐えかねて自死する。


その気持ち誰でも思い当たるのではなかろうか。
誰でも思い出すだに恥ずかしい失敗の一つや二つは過去に犯しているはずである。
その「罪」が実体をもって自分の目の前に再現されたら「わー」っと言って逃げ出したくなる。

主人公の科学者の目の前にも「妻の思い出」が「妻の姿」となって現れる。
彼は妻の悩みに答えられず死なせてしまったという苦い「思い出」があり、目の前の「妻」は彼のその懊悩をかき立てる存在として彼を苦しめる。
彼は「妻」を脱出用ロケットに乗せて宇宙に放り出すが、彼の思念の中に妻への思いがある限りソラリスの海はその思念を感じ取って、またもや彼の目の前に「妻」を現出させてしまうのである。


やがてこのやりとりが続いていく過程で彼はソラリスが作り出した「妻」に愛情を感じ始めるようになる。
そして「実際の妻とソラリスが作り出した思念の結晶である妻との間に差はあるのだろうか。人間には現実・実体さえあれば良いのだろうか?科学は万能なのだろうか?想像や幻といったものはまったくの無価値と言えるのだろうか?」と思えるようになっていく。最初は非科学的と言って退けていた幻、想像、思い出、信仰といったものの価値に気づき始める。

現に私たちは映画の画面を見ながら笑い、怒り、泣いたりもする。
しかし目の前にあるのは映像技術が作り出した幻であり実体は備えていない。実体のないものが無価値ならそれに向かう私たちの感情的反応も麻薬中毒者の見る幻影のようなものであり、無価値どころか害悪でさえあることになるが果たしてそうなのだろうか?人間とは科学的合理性だけで割り切れるものなのだろうか?」

これがタルコフスキー監督の主張であり人生を懸けたテーマでもあったと思うのだがどうだろう?

スターリン時代のソ連では「宗教は麻薬である」のスローガンに象徴されるように、信仰を始めとする人間の感情的属性、思想や表現が徹底的に弾圧されてきた。

最も感情に近いはずの芸術分野でさえスターリン主義の翼賛芸術にまで貶められ、「明朗でわかりやすく、人民に働く勇気と明るい未来を提示するものでなくてはならない」という理由で人間の「ホンネ」のようなものを須らくタテマエに挿げ替えていくような態度が要求されていくようになる。
この中で少しでもホンネを語ろうものなら陰険な秘密警察に逮捕され粛清されていくという恐怖政治の時代があった。
ホンネが許されずタテマエだけになったとき人間は「科学的」になり、ロボット化する。
人間とはそんなものじゃないだろう、というのがタルコフスキーの主張なのだと思う。

ラストシーンははっきり言って謎である。
雨が降りしきる中、主人公が父親と思しき人物と対面するシーンだがよくわからない。
がわからなくてもいいかなと思っている。

劇中宇宙ステーションの重力装置が停止し主人公と妻がふわっと宙に浮きあがる切なくも美しいシーンさえ自分の「思い出」の中に刻めれば。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tan********さん

2019/1/2519:59:25

タルコフスキー監督の考察は前出の回答者さんにほぼ同意するとして…。
ラストシーンは主人公が地球に帰還し父親と再会したように思わせて実はそれらは全てソラリスによって作られた世界で主人公がどっぷりとソラリスに囚われている、という事ですよね。
惑星ソラリスはタルコフスキー作品の中でも群を抜いて知名度がある映画だと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mon********さん

2019/1/2417:38:26

前の解答者さんの書かれた内容はご立派で、私はとても勉強になったのですが、非表示になったのはどうしてでしょうね。

近頃よくこういう例があり、私は、不適切な内容ではない、を押しているのですが、奇妙なことだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる