ここから本文です

泉鏡花の『瓜の涙』より 以下を訳してほしいです。 『蓋し年配(とし)ごろの人数...

iho********さん

2019/1/2412:56:35

泉鏡花の『瓜の涙』より
以下を訳してほしいです。
『蓋し年配(とし)ごろの人数には漏れない、半官贔屓が、その古跡(こせき)を、取(とり)散らすまい、犯すまいとしたのであった。



一応、調べて考えました。
蓋し=思うに?
人数には漏れない=人数から除外されない、はずれない?

よろしくお願い致します。

閲覧数:
24
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/1/2414:39:32

学生が、マッチの燃えかすをマッチ箱にしまって、そこらに投げ捨てなかったのは、
たぶん、若い人にありがちな「判官びいき」の精神で、
判官ゆかりの人待ち石の周辺を、
散らかさないように、故事ゆかしき名跡を犯さないようにしよう、
と配慮したためであった。
ということです。

「蓋し=私(語り手)が思うには」
「年配の人数には漏れない=この年頃の人(の傾向)の数の中に入る=この年頃の人の傾向と同様の、この年頃の人はみんなそういう傾向があるが、この学生もその例に漏れず」


「若い人は、正義感が強く、世間知らずのところもあるので、
形勢不利の方に味方するという傾向があるものだが、
この学生も、若い人の例に漏れず、やはり、「判官びいき」の傾向があるらしい。
この学生は、若い人の傾向の例に漏れない「判官びいき」のために、
義経ゆかりの名所周辺を散らかさないでおこう、
義経ゆかりの地を冒とくしないでおこう、
という謙虚な気持ちで、そこらへんにマッチの燃えかすをポイ捨てしないで、
マッチ箱にしまいなおしたのだ、
私の考えでは、そう思う。」
と言っているのです。

質問した人からのコメント

2019/1/24 17:55:35

今、掲載した部分のみの参考書の文だったので、内容がつかめなかったですが
わかるようになりました。
大変に、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

rin********さん

2019/1/2414:27:44

最近はネット辞書というものもありますので、大きな辞書ほど情報量はないですが、手軽に調べられます。

https://dictionary.goo.ne.jp/jn/68012/meaning/m0u/
しかし「蓋し」の用法はその前後の文を読まないと判断できません。それはいったん保留します。

<年配ごろの人数には漏れない、半官贔屓が、その古跡を、取散らすまい、犯すまいとしたのであった>

人数=にんずう、ではなく、ひとかずと読み、
(その)年配ごろの人の数には漏れない=その年頃の人に多い(その年頃の人によくある)

半官贔屓=判官びいき=負けた軍のほうに感情移入する、劣勢なチームの方を応援してしまうといような意味だが、判官=源義経のことであり、戦で手柄をあげたのに兄に疎まれて自刃した義経に同情すると言うのが、言葉の語源です。
若い学生の話なので、当時の若い人には(若くなくてもそうかもしれませんが)頼朝が悪役で、義経びいきが多かったのでしょう。

その年頃の人によくある判官びいきで、この古跡を取り散らかさないよう、汚さないようにしたのだった。

この場面では、義経の人待石のあたりにいた学生が、煙草を吸うのにマッチでひをつけ、その残った軸をまた箱に入れて袂にしまいます。それを見て、「貧しい様子だが、燃え残りのマッチの軸は使い道がないだろう」と思います。

その後に「(マッチの軸ひとつでも捨てたりしないのは)この古跡を汚したくないと思ったからだ」と推量しているので、
先に保留した「蓋し」も「もしかして」といった推量の意味です。お書きになった「思うに」としてもよいと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる