ここから本文です

比叡山延暦寺の 「 千日回峰行 」 を二度達成した人物は、千年以上の歴史を誇る延...

アバター

ID非公開さん

2019/1/2702:56:53

比叡山延暦寺の 「 千日回峰行 」 を二度達成した人物は、千年以上の歴史を誇る延暦寺の中でも史上3人しか居ないとのこと。
酒井雄哉、奥野順玄の名前が在りました。
しかし、もう1人が判りません。

奥野順玄が達成したのは1918年ですから、いまから101年前。
千年以上の歴史がある苦行で、二度達成した人物が3人共ここ百数年以内に集中しているとは考えにくいです。
最初に二度達成した人物は奥野順玄よりも先だと推測されます。
最初に達成した人物は誰で、いつ達成したんでしょうか?

閲覧数:
114
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pin********さん

2019/1/2706:58:25

正井観順大阿闍梨。
一回目―明治38年(1905年)。
二回目―明治43年(1910年)。
三回目修練中に死亡。
古い時代には「千日回峰行」と言う考え方が無かったからです。
延暦寺の住職が、全員が千日回峰を行うと、延暦寺の仕事に支障が出ます、ですから現在は、百日の行、千日の行を、行うものを分けています。
近年は百日行を終了した者の中から、千日回峰行をするものを選んでいます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる