ここから本文です

この英文を翻訳して欲しいです。

アバター

ID非公開さん

2019/1/2722:50:28

この英文を翻訳して欲しいです。

Psychologist Reut Gruber conducted a study on sleep and children's behavior. In the study, Gruber and her team either added or took away one hour of sleep in healthy children aged 7 to 11. They observed the children for five nights. The aim was to see if small changes in the amount of sleep could affect a child's behavior. Before the survey began, the children were asked to sleep the same number of hours as they normally would. Their teachers were asked to score the children on thoughtfulness, anger, and emotional reactions. After five nights, the teachers were asked to take the survey again. Compared with their original scores, those who slept one hour less had worse behavior scores than those who were allowed to sleep 15 an hour more. Children with less sleep were more bad-tempered, frustrated, and had more problems paying attention. The children with more sleep showed improvement in these areas.

閲覧数:
15
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jpx********さん

2019/1/2723:11:30

心理学者のReut Gruberは、睡眠と子供の行動に関する
研究を行いました。 研究では、Gruberと彼女のチーム
は7〜11歳の健康な子供たちに1時間の睡眠を追加するか、
または1時間の睡眠を減らしました。

彼らは子供たちを5日間の宿泊で観察しました。 目的は、
睡眠量のわずかな変化が子供の行動に影響を与えるか
どうかを確認することでした。 調査が始まる前に、
子供たちは自分たちが普通と同じ時間の睡眠を取るよう
に依頼された。子供たちの教師たちは、思慮深さ、怒り、
そして感情的な反応について子供たちを採点するように
求められました。

5日後に、教師たちは再び調査を求められました。
子供たちの以前のスコアと比較して、1時間少ない睡眠を
した子供たちは15時間以上睡眠を許された子供たちよりも
行動スコアが悪く出ました。睡眠時間の少ない子供は、
気分が悪くなり、欲求不満になり、注意力が求められると
より多くの問題(行動)が見えました。
より睡眠が多い子供たちはこうした事柄の点で改善を示した。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる