ここから本文です

「後室」とは未亡人のことと思いますが、歴史小説などで、妻を亡くした後に迎える...

kir********さん

2019/2/115:38:13

「後室」とは未亡人のことと思いますが、歴史小説などで、妻を亡くした後に迎える、要するに後妻を、後室としているものがありますが、これは一体何なのでしょうか?

意味が2つあるのか、それとも間違えているが、両方良いことになったのか。後添では良くなかったのか。継室とは違うし。

補足「後添では良くなかったのか」とは、後妻のことに対し、「後室を迎える」という言い方が「後添」では良くなかったのかということで、「後室」は「継室」とは違うしということ。もしかしたら、今が後室も継室も後妻も後添も全部同じ意味で可なのでしょうか。

閲覧数:
105
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/2/121:11:07

後妻は、「継室」と呼ぶのが正しいですね。
どこかで、間違ってしまったのでしょう。

質問した人からのコメント

2019/2/2 12:42:37

そういうことなのでしょうね。有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

edo********さん

2019/2/121:20:29

継室が後室と同じということはありません。身分の高い人の後妻を継室と言い、未亡人になった人を後室と言います。

ana********さん

2019/2/117:16:09

室という表現は、自分の正妻、正室の場合だけです。
のち添えや後妻という場合は、妾など正室、正妻以外も含むと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2019/2/115:46:30

後室とは身分の高い人の未亡人です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる