ここから本文です

八極拳にとって脚は蹴りに用いるよりも 震脚などのフットワークに用いるためのも...

プロフィール画像

カテゴリマスター

ger********さん

2019/2/211:40:47

八極拳にとって脚は蹴りに用いるよりも
震脚などのフットワークに用いるためのものなのですか?
八極拳は蹴りが少ない反面、体当たりのような
技が多いと聞いたので

閲覧数:
101
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nam********さん

2019/2/217:24:22

蹴りと言うのが微妙なんですよね。
当流の所謂蹴りは、膝より下を狙う物ばかりです。
そして仰る通り多用しません。
震脚は踏み込み方法です。

蹴りは多用しませんが、脚は攻撃に使います。
微妙と言ったのは、この部分です。
どういう事かと言うと、八極拳では、踏み込み脚自体を相手にぶつける様に使うと言う事なのです。
八極拳は、短打と呼ばれるショートレンジでの攻防を得意とする流派です。
その距離では普通の蹴り等打てません。
ですから、相手に膝や、太腿を当てる位深く踏み込み、相手のバランスを崩すと同時に肘や、靠を叩き込みます。
なので所謂蹴りは多用しませんが、体捌きにのみ脚を使うと言う訳ではないのです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

gol********さん

2019/2/215:00:16

八極拳は他の拳法の間合いよりも密着気味の接近戦で
真価を発揮すると言われていますので、
ある程度距離を開く必要がある蹴り技は
出すチャンスが少ないのだと思われます。

ofn********さん

2019/2/213:32:25

連環腿、斧刃脚も使いますし、踏み込んでからの崩しにも使います。

震脚もフットワークというのはちがうんじゃないかと

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる