ここから本文です

千利休切腹で秀吉に助命嘆願した人はいますか?

アバター

ID非公開さん

2019/2/412:38:08

千利休切腹で秀吉に助命嘆願した人はいますか?

閲覧数:
59
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

2019/2/419:32:40

前田利家が利休の助命運動を行いました。利休が秀吉によって京都から追放され堺に蟄居してから、大政所とか北政所を動かして、秀吉に利休を許すようにと取り計らいました。利休はそれを聞いて、「そういうお女中様方にすがって、かりにも天下の茶頭ともあろう者が命を助けられるということは無念だ。たとえ秀吉公の誅罰にあっても是非なく候」と言ったようなことが手紙に記されているそうです。

天正十九年(1591)二月、秀吉によって京都から追放される直前に、利休は30年以上親しい交わりを続けた大徳寺の古渓(こけい)和尚と末期の茶を喫しました。追放以前に既に末期を承認し合っていたので、ふたりの間には腹の底を割った会話が交わされたに違いありません。古渓和尚が最後の覚悟のほどを聞いた時、利休は『自白青天怒電走』の一句で答えたと、古渓和尚の語録に記されています。

人生七十 力囲希咄
吾這宝剣 祖仏共殺
提ル我得具足の一ツ太刀此時ぞ天に抛
(利休が切腹の4日前、残したもうひとつの偈です)

アバター

質問した人からのコメント

2019/2/4 19:50:52

なるほど分かりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jmw********さん

2019/2/413:49:11

ojy********さん

2019/2/412:46:24

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる