ID非公開

2019/2/7 11:13

22回答

血液型と性格の関連性を否定する根拠として、2014年に発表された「血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的根拠――」という縄田健悟氏の論文の調査内容。

血液型と性格の関連性を否定する根拠として、2014年に発表された「血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的根拠――」という縄田健悟氏の論文の調査内容。 1.日頃の生活の中で充足感を感じている 2.ほかの人の生活水準を意識している 3.他人との生活水準の差は,2,3年前と比べて大きくなった 4.一旦,高い生活水準を味わうと,それを下げるのは苦痛だ 5.楽しみは後にとっておきたい 6.自分は盗難にあうことはない 7.できるだけ質素な生活をしたい 8.お金を貯めることが人生の目的だ 9.将来,大きな出費や高額の買い物の予定がある 10.子供や家族,親族にできるだけ多くの遺産を残したい 「5因子モデル」の性格検査。心理学系で一番精度が高いとされている。これまで提案されてきた特性論の中で最も広く受け入れられている。 「外向性」「調和性」「誠実性」「神経症的傾向」「経験への開放性」 それぞれの性格要素をどれくらい持っているかで人間の性格を表します。 工科学者の石川幹人は清水武との共同研究で、社会流行を追った形での学術的研究だという批判もあるため、血液型と性格の関連性についての新たな研究を実施した。2009年に、血液型と性格の5因子モデルとの関連において、効果量が小さいため予測力は小さいが統計的には関連が有意であった結果を、2つの心理学の学会誌に投稿したが、いずれも掲載を断られている。通常、問題点の指摘の後、再度投稿する機会が与えられることが多いが、それもなかったとして信念の対立があったとしてそれを公開した。 内容が正しくても学会として掲載を認められず、データに一貫性がないというこれまでの血液型性格研究の結果の全てを覆しているものではないことが理由だとされたので、清水は研究にお蔵入り効果が生じている可能性も指摘した。 血液型占い否定派は、縄田健悟の性格に関する調査と、「5因子モデル」の性格検査とでは、どちらが正しく性格を調べていたと思いますか?

占い133閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

どらちも正しいとは言えない、となるのではないでしょうか。 データに一貫性がない、という風に言われているとおり、 却下されるだけの下地しかなかったという事でしょう。 お蔵入り効果を主張していますが、このような主張をするのであれば当然「お蔵入りになって発表されなかったデータ」を提示する必要があります。 ただし、既に「お蔵入り効果」はメタ分析の発達により「望まない結果に終わった事例(=性格と血液型に関連性があるとみられるデータ)」が存在していることからほぼ否定される話です。 もう一方については、少なくとも質問者様と思われる投稿以外では殆ど「この話を血液型と性格の関係性の否定の根拠」にしている話は見たことがありません。 他の回答などにありましたが、こちらなどのようなものが「血液型と性格に関係性がないという証明となる論拠」でしょう。 https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-22650191/22650191seika.pdf

ID非公開

質問者

2019/2/11 8:44

心理学系で一番精度が高いとされている「5因子モデル」の性格検査を否定するなんて、非科学的だと思われますよ。 縄田は否定派が一番目2番目位に科学的根拠としてあげてきますので、こんなのが代表として出されるなんて、否定する根拠に乏しいし、今までの否定している論文もちゃんとしたものではないと語っているようなもんです。 その教員養成課程における科学リテラシー構築に向けた疑似科学の実証的批判的研究論文だと血液型と性格には統計的には有意に関係ありで肯定してると捉えることもできます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お蔵入りすべきなのは縄田

お礼日時:2019/2/13 22:01

その他の回答(1件)

0

そういわれても、 >2009年に、血液型と性格の5因子モデルとの関連において、効果量が小さいため予測力は小さいが統計的には関連が有意であった結果 って、どこで公開されているんですか? 中身が確認できないと、誰も何も言えないでしょう。 縄田氏の方がググればすぐ見つかりますが。

ID非公開

質問者

2019/2/11 8:37

1.日頃の生活の中で充足感を感じている 2.ほかの人の生活水準を意識している~といった縄田健悟の性格に関する調査と、心理学系で一番精度が高いとされている「5因子モデル」の性格検査とでは、どちらが正しく性格を調べていたと思いますか? と聞いています。