ここから本文です

今夏の参議院議員選挙でもし仮に自民党が大敗したと仮定いたします。安倍は総理大...

hit********さん

2019/2/718:50:52

今夏の参議院議員選挙でもし仮に自民党が大敗したと仮定いたします。安倍は総理大臣を辞任いたしますか。それともなんだかんだ理由(言い訳)を言って総理の座にしがみつきますか(つまり、辞任しない)。

閲覧数:
22
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaj********さん

2019/2/719:27:19

まあ負けたら辞任すべきだとは思いますが、実際問題として政権運営に支障がないので気にせず続投する可能性もありますね。


というのも、衆参のねじれが発生するくらいの大敗をしたとしても、気にしなくても良いというルールがあるからです。


まず総理大臣の指名や条約の承認、予算の承認は、衆議院の優越が定められているので、衆議院で過半数を持つ自民党政権が決定権を持ちます。

法律については以下のどちらかの条件を満たした場合に限り成立します。

・参議院で過半数の賛成と、衆議院でも過半数の賛成
・参議院で過半数の"反対"と、衆議院で3分の2以上の賛成

ねじれが発生しなかった場合は前者の条件に該当しますし、ねじれが発生した場合には、与党側が現在衆議院で3分の2を持っているため、後者の条件で法案が可決出来ます。


このため参院選で仮に獲得議席数がゼロだったとしても、実は何も困らずに政権運営が可能なんです。

ただまあそういう事になって続投していると、絶対に離党する議員が出て来ます。
現在は3分の2を1名?上回っているだけです。
数名離党するだけで法律については作れなくなるので、そうなれば退陣という可能性も増えて来ます。

なお、現在は定数465に対して自民と公明会派で311です。
3分の2は310なので1人オーバーですが、厳密にいうと沖縄で野党議員が県知事選に出て欠員が出ていますし、大阪でも与党議員の死去により欠員が出ています。

この2人の補欠選挙が今年の4月21日に行われるため、ここで与党系が当選した場合には会派が311人から312とか313になる可能性もありますし、野党系が当選した場合には311のままになります。

毎年国会議員は数名が死亡している為、参院選までに3分の2に対してどうなっているかは何とも言えない部分はありますけどね。


まあとりあえず政権運営に影響が出たら退陣は避けられないでしょうが、何をもって大敗というかは難しい部分ですし、そもそも大敗してもねじれすら起こせるかも微妙な所ですしね。

まあそんな感じでしょうね。

質問した人からのコメント

2019/2/12 06:37:21

お返事どうもありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kaz********さん

2019/2/720:18:18

政権選択の衆議院総選挙でないので辞任はありません。
ただ自民党、公明党の与党で過半数を割れば責任論は出てくるかもしれません。
いずれも野党に参議院選挙で首相交代に持っていくことはできません。
自民党内の動きが注目です。

同じように野党も与党を過半数割れに追い込めない場合は潔く党首は辞任、交代をすべきです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる