ここから本文です

サブアダルトで成長期のフトアゴさんをくる病にさせない為にも日光浴させたいです...

uom********さん

2019/2/1018:00:23

サブアダルトで成長期のフトアゴさんをくる病にさせない為にも日光浴させたいです。当方、住まいの最高気温が10度を下回る寒さではあり、そこが悩みではありますが、作戦がございます。

可能でしたらその作戦が是か非かをお教えしていただきたいです。しつこくカテにお邪魔してしまい申し訳ございません。

まず、前回、前々回にお答え頂いた方、本当にありがとうございました。ご飯の食いつきも無事よくなり、沢山の種類の野菜を食べるなど食育も進み、フトアゴさんの事をより深く知る事ができました。あの後大き目の流木をいくつか追加し、早速上層に登ってくれています。
初回にお答えいただいた方もありがとうございました。自信がないなりに、このフトアゴさんに幸せな生を送ってもらう為に、その子の特性や体質、性格を見定めて一緒に生きていく覚悟ができました。この子に合わせたライフスタイルを一生懸命考えていこうと思います。

さて、我が家のフトアゴ♀さんですが、生後2カ月半のサブアダルトで、日々華々しく成長してくれています。
お迎え当初(1/23)が体長30cm、65gだったのに対し、本日計測した体長が32.5cm、体重が91.0gと、どんどん大きくなってます。(肥満については心配なので、注意して観察していこうと思います。)
ただ、成長が著しいその分で心配になるのがくる病です。日々あげるデュビア全てにカルシウムとマルチビタミン剤は添付してあげていますが、ビタミンD3剤の添付はリスキーである事、昼間に与えるUV球のUVA・UVBだけではくる病のリスクは抑えられない、窓越しの日光ではUVBがカットされてしまうという旨を、無知ながらも知る事ができました。
そこで…この寒天下で可哀想な上リスキーですが、この子には例え僅かでも、直に太陽光を浴びてもらおうと思っています。勿論、万全の防寒対策をしたいとも思っています。

無知な私なりに考えた作戦ですが、お見苦しいなりに拝読していただけると幸いです。

(1)寒風が室内やケージ設置地点に吹いてこないか、晴れて日光が差し込んでくれているか確認。寒風が吹き乱れていたり曇っていたりしたら中止。
(2)ホッカイロを手製日光浴用ケージに半分ほど敷き詰め、そのうえに3枚ほどペットシーツを重ねる。エアコンの温度を最高温度まで上げ、室温を30度近くまで維持。
(3)部屋の窓際、日光が確実にあたる場所に手製日光浴ケージを置き、窓を開け直射日光を浴びてもらう。
(4)小さめの扇風機で温風をフトアゴさんの手製日光浴ケージに浴びせながら、途中途中で気温を測りつつ、10分ほど(できれば長めに…)日光浴。もしフトアゴさんの手製日光浴ケージの地点の気温が15度を下回ったら中止。

明日以降、上記の作戦で気温の変動がフトアゴさんにとって危険じゃないか把握するため、訓練も兼ねてフトアゴさんが居ない状態で実施してみようと思っています…が、今一つ自信がもてません。この作戦で、フトアゴさんが十分にUVB、UVAを確保できるのか、かつ体を冷やして体調を崩してしまわないか、不安が尽きません。

以上の作戦に可笑しな点はないか、
また、この時期にフトアゴさんのサブアダルトをお迎えした方々はどうやってUVBを確保しているのか、お伺いさせてください。

相も変わらず、ご迷惑おかけいたします。宜しくお願いします。

フトアゴ,ライフスタイル,手製日光浴ケージ,ホッカイロ,くる病,プラケ,質問者

閲覧数:
77
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

com********さん

2019/2/1020:08:26

先に2つ代替え案です。
①経済的に余裕があるのならメタハラなどの
ランプに変更と言うのもあります。
太陽には敵わないまでも相当変わります。
とは言え当方も太陽光による日光浴はさせています。

②お住いの地域によりますが3月から日光浴させる
※3月になると一層暖かい日が多くなってくると思われる

「条件」
太陽が確り出ている(洗濯物が乾く状況を目安)
ほぼ無風、アダルト、10~15分
当方は庭に放す。(付きっ切りの監視)
※弱風で晴天の時は窓際で網戸越しに30分目安
網戸越しはUVBが半減するので時間を少し伸ばして調整

ベビー~サブアダルト
特大プラケLOWに入れる(微風でも遮るのが狙い)
外には出さず窓際、後ろから温風ヒーターを当てる
プラケに伝わる熱量に注し距離を測る
30分以下

あとは月が進むに応じてプラケを使わない
ヒーター止める、日光浴時間を延長するなど変化していきます。

日々良く調べられてるみたいですね
質問者さんが考えてる案で充分だと思いますよ

強いて言えば、カイロが負担になるのでは?と思った次第
それで代替え案①を書いてみた訳です。
10ヶ月程度で球交換になるし、本体自体が高価なので
カイロの方が安上がりなんですけどね・・・
とは言え天候に関係なく紫外線浴はできるので
安心感はかなり増えますし、球の交換直後などは
発色の違いも良く解ります。

初めて答えた時と同じですが
ご自身の経験則にする意味でも、どんどん試して
アレンジしてみる事です。

良い飼育者になると思いますよ
上から目線ポイ言い方ですみません

  • 質問者

    uom********さん

    2019/2/1022:24:35

    こんばんは!さっそくのお答え、ご丁寧にありがとうございます!

    <代案1、2
    メタハラ…!存在は知っていて、効果も実証されている事を存じ上げております…!
    ずっと欲しい…とは思っていたものの、値段で丁度二の足を踏んでいました…ですが!この子も10年以上の付き合いになるやもしれぬ、むしろ、健康な姿をずっと見ていたいと思えるような家族です。青年期を健康的に過ごしてもらう事で、成熟した時や、老年の時期で大きく差もでる…そう思い!メタハラ、購入を決めました!!
    本当は随所で評判がすごくいいソラーレUV70を購入したかったのですが廃盤のようなので、代替品としてゼンスイのソーラーラプター70Wにしました。呼びの電球も購入しました! これでいくらかはくる病の心配から開放されますね…!フトアゴさんは太陽光も大好きで、健康的な光を大変好むと聞いていたので、今からフトアゴさんが喜ぶ様子が楽しみです!

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/2/10 22:33:22

重ね重ねになりますが、本当に丁寧で親切なアドバイス、ありがとうございました!よい飼い主になれるよう、この子への労いと正しい判断を忘れずに頑張ります!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる