ここから本文です

ボクシング、キックボクシング、ムエタイ、日本拳法、柔道、空手、極真空手

アバター

ID非公開さん

2019/2/1115:36:12

ボクシング、キックボクシング、ムエタイ、日本拳法、柔道、空手、極真空手

この中で1番喧嘩に役立つのはどれですか?
喧嘩と言っても、護身術という意味で受け取ってください、もし殴り合いになったら、ということです

補足あ、総合格闘技も入れます

閲覧数:
228
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kar********さん

2019/2/1221:48:44

日本拳法じゃないですか。まあ、殴り合いになることがまぬけだし、殴り合いになっても、殴らせず、殴って終わらせないと、殴られた分損です。つうか、殴り合いって、どんだけ力ないんだと思います。1発でけりつけなきゃ、喧嘩なんて最高にだるいでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dog********さん

2019/2/1801:51:06

前蹴りとローキックは護身術的に最強
なのでボクシングと柔道以外全部

faa********さん

2019/2/1721:05:27

ケンカって絶対寝技でははじまりません、必ず立ち技で始まります。
しかも相手は何を隠し持っているかわかりません。釘とか鉛筆とか。。。

そういう相手にはなるべく接触はしたくないわけです。簡単に言うと遠距離から一瞬で打撃を入れられる技術・・・それがあるのはキックとボクシング。例えば高速のジャブで相手の鼻あたりを叩くと相手は簡単にうずくまります。そうなると後は蹴る、肘を落とすなど自由です。ケンカって最初の初激・接触が一番重要なんです。

逆に相手との接触が必要な柔道や柔術、レスリングはそういう意味ではなんてもありなケンカには不向きです。タックルにいった瞬間、倒した後に隠し持った鉛筆をお腹に刺されることだってあり得るんです。相手の胸ぐらをつかもうとした瞬間、カッターを刺されることだってあり得ます。

一瞬の遠距離型の高速打撃、これが一番理想的なケンカ攻撃方法です。
もし相手が「今からケンカをしますが私は拳しか使いません。」と宣言してくれるのならレスリとか柔道も有効でしょう

uvt********さん

2019/2/1520:44:04

ボクシングです
喧嘩に華はいりません
速い連打は本当に武器になります

実際の喧嘩もパンチ主体ですしね
ただ掴まれたら終わるけど

kel********さん

2019/2/1115:44:50

総合じゃないですか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる