ここから本文です

ホワイトデーはなぜホワイトなのですか。 マシュマロのイメージカラー?だから...

プロフィール画像

カテゴリマスター

べんきょうわかんないさん

2019/2/1320:41:08

ホワイトデーはなぜホワイトなのですか。

マシュマロのイメージカラー?だからですか。

閲覧数:
50
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/2/1414:34:03

こんにちは。

【ホワイトデー】のホワイトに関しましては、
どれか、一つとって断定することは難しいですが、

★ウィキペディアによりますと以下の様に諸説あることが分りました。

【起源】 ホワイトデーの起源については諸説あり、
ホワイトデーの時期になると様々な企業、各陣がそれぞれが
「元祖」だと主張している。

「不二家・エイワ説」
日本でバレンタインデーが定着するに従って、菓子業界でそれに
お返しをする日を作ってはどうかという案が出された。
これを受けた菓子業界では、昭和40年代に入って以降、個々に
独自の日を定め、ビスケットやマシュマロ、キャンディ等を
「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになった。

不二家もまた「リターン・バレンタイン」という名称で
バレンタインデーのお返し用菓子類の宣伝販売を行うようになり、

1973年(昭和48年)にエイワと協力して3月14日に
マシュマロを販売するキャンペーンを開始した。

「石村萬盛堂説」
黄身餡をくるんだ白いマシュマロ菓子の「鶴乃子」で知られる
福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」の社長は、
バレンタインデーのお返しにせめてマシュマロでも
渡してほしい旨の文章が少女雑誌に掲載されているのを目にした。

石村萬盛堂はこの文章に触発され、
バレンタインデーの返礼として
マシュマロを渡す日を創設し、返礼用マシュマロ菓子として
「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で
包んでお返しするよ」とのコンセプトで、黄身餡の代わりに
チョコレートをくるんだマシュマロを売り出すこととした。

この「マシュマロデー」は、百貨店岩田屋のアドバイスで、
当時大型のイベントが無かった時期にあたる3月14日に設定され、
1978年(昭和53年)3月14日からキャンペーンが開始された。

後に、他業界にもこのキャンペーンを拡張するため、
1980年代に百貨店側からの申し出により名称を
ホワイトデーに変更した。

「全飴協説」
全国飴菓子工業協同組合(全飴協)は、
1978年(昭和53年)に「キャンディを贈る日」として
ホワイトデーを制定し、2年後の1980年(昭和55年)より
三越・電通の協力も得てイベントやキャンペーンをスタートさせた。

ホワイトデーを3月14日に定めた理由は、269年2月14日、
兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした
男女を救うためにウァレンティヌス司祭は殉教したが、
その1ヶ月後の3月14日、
その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったとされていることや、
古事記および日本書紀で日本において初めて飴が製造されたと
される日が3月14日前後とされていることに由来している。

ホワイトデーという名称は、英和辞典のホワイトの項に、
シュガーやスイートといった解説が記載されており、
若者の純愛や砂糖をイメージさせることによるものである。


【ホワイトデー】のホワイトに関しましては、
どれか、一つとって断定することは難しいですが、どれも
なるほどな!!と思えるのでその様に受け止めておかれても
よろしいのではないでしょうか?!


以上、参考になれば幸いです。<(_ _)>

質問した人からのコメント

2019/2/14 14:59:07

ありがとうございます

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる