ここから本文です

ジャイアント馬場没後20年追善興行~王者の魂~アブドーラ・ザ・ブッチャー引退記念...

アバター

ID非公開さん

2019/2/1912:15:36

ジャイアント馬場没後20年追善興行~王者の魂~アブドーラ・ザ・ブッチャー引退記念~さらば呪術師

の見どころを教えてください。ここ1年くらいプロレスを見ています。両国国技館で行われる上記の試合を見にいくのですが、現役の新日本プロレスの選手以外はほとんど分かりません。

見どころや、過去の因縁などのストーリー、豆知識などありましたら教えてください。




■メインイベント タッグマッチ 60分1本勝負
棚橋弘至(新日本プロレス)
ヨシタツ(フリー)
VS
宮原健斗(全日本プロレス)
関本大介(大日本プロレス)

■セミファイナル タッグマッチ 60分1本勝負
ミル・マスカラス
ドス・カラス
VS
カズ・ハヤシ(W-1)
NOSAWA論外(東京愚連隊)

■第7試合 6人タッグマッチ
秋山準(全日本プロレス)
大森隆男(全日本プロレス)
太陽ケア(フリー)
VS
小島聡(新日本プロレス)
永田裕志(新日本プロレス)
西村修(フリー)

■第6試合 タッグマッチ 30分1本勝負
丸藤正道(プロレスリング・ノア)
新崎人生(みちのくプロレス)
VS
望月成晃(DRAGON GATE)
シュン・スカイウォーカー(DRAGON GATE)

■第5試合 3WAYタッグマッチ 30分1本勝負
SANADA & BUSHI(新日本プロレスL・I・J)
VS
ジェイク・リー & 岩本煌史(全日本プロレスSweeper)
VS
海野翔太(新日本プロレス) & 吉田綾斗(KAIENTAI DOJO)
※試合ルール:3チームの代表者3名が同時に闘い、2チーム間で勝敗が決した時点で試合終了。勝利した選手のチームが勝者となります。

■第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
渕正信(全日本プロレス)
藤原喜明(藤原組)
青柳優馬(全日本プロレス)
VS
(鈴木軍)
タイチ
金丸義信
TAKAみちのく

■アブドーラ・ザ・ブッチャー引退セレモニー
特別ゲスト:新間寿、ドリー・ファンクJr.、スタン・ハンセン、初代タイガーマスク、武藤敬司、馳浩、他

■第3試合 ストリートファイト・トルネードバンクハウス8人タッグデスマッチ 30分1本勝負
~1度は見たい!グレート小鹿さんのドロップキック!炸裂なるか!?返礼品は机パイルドライバーでお願いします~
(はぐれ邪道軍)
大仁田厚
ケンドー・カシン
鈴木秀樹
保坂秀樹
VS
グレート小鹿(大日本プロレス)
長井満也
石川修司(全日本プロレス)
佐藤光留(パンクラスMISSION Evolution)

■第2試合 8人タッグマッチ 30分1本勝負
本間朋晃(新日本プロレス)
岡林裕二(大日本プロレス)
野村直矢(大日本プロレス)
成田蓮(新日本プロレス)
VS
宮本和志(超硬派武闘集団和志組)
橋本友彦(プロレスリングA-TEAM)
橋本大地(大日本プロレス)
野村卓矢(大日本プロレス)

■第1試合 ジャイアント馬場メモリアルバトルロイヤル 30分1本勝負
キム・ドク、百田光雄、ジョー・ディートン、菊地毅、垣原賢人、井上雅央、MEN’Sテイオー、本田多聞、相島勇人、アブドーラ小林、TARU、土方隆司、ヤス・ウラノ
※レフェリー マイティ井上

※出場選手は諸事情により変更となる場合があります。
※本大会は一部試合を除き、場外カウントを10カウントとするPWFルールが適用されます。
※来場ゲスト:馳浩氏

■特別ゲスト:
スタン・ハンセン


日時:2019年2月19日(火)試合開始18時30分 開場17時
場所:東京・両国国技館
主催:ジャイアント馬場没20年追善興行実行委員会
後援:東京スポーツ新聞社、ベースボール・マガジン社
協賛:イープラス
■実行委員会:
坂口征二(新日本プロレスリング株式会社 相談役)
秋山準(オールジャパン・プロレスリング株式会社 代表取締役)
株式会社 H.J.T.Production
(敬称略。設立順)

■参加団体:
新日本プロレス
全日本プロレス
大日本プロレス
プロレスリング・ノア
W-1他
(敬称略。設立順)

■オープニング特別ゲスト:
“燃える闘魂”アントニオ猪木

閲覧数:
196
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

Ocupardさん

2019/2/1923:48:36

こんばんは。
全試合終わりました。
タイチが師匠のデンジャラス川田を挑発したり、あべみほが藤原組長を挑発したりはありましたが、「平成最後の夢のオールスター戦」として最高の内容でした。まさか、NHKのニュース9でニュースとして取り上げられるとは思いませんでした。
画像はNHK『ニュース9』より引用

こんばんは。
全試合終わりました。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/2/1915:22:43

猪木が馬場関係のイベントに参加する、それがなければこの前の上井興行と今年の最低興行を争ってもおかしくありません。
馬場ゆかりは殆どが、気遣いなければまともに試合が成立しない年齢ばかりです。
ならば、馬場と関係はなくともデカイレスラーを集めるべきだったと思いますし、石川という全日所属のデカイレスラーに今更ハードコアさせてる時点でマッチメーカー(論外セミなあたり彼?)のセンスの無さが透けて見えます。

桃仁華さん

2019/2/1913:13:59

そういう因縁などは関係なく追悼興行として行われる大会ですよ。

棚橋選手がIWGP王者のまま迎えていればIWGPvs三冠という構図ができていましたが…

あるとしたら宮原選手が棚橋選手との対戦を熱望していたのでどんな形で初対決になるのか?が見どころだと思います。

あと、アブドーラ小林選手が、ブッチャーさん襲撃を予告しています。本当に襲撃するのか?も面白そうです。(もし本当に起きれば、ブッチャーさんの地獄突きからエルボーが見られるかもしれません。)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる