ここから本文です

なぜハンドガンは弾の形がちがうのでしょうか。

krs********さん

2019/2/1914:33:43

なぜハンドガンは弾の形がちがうのでしょうか。

ハンドガンの多くが音速を越えられないのはそのせいだそうです。

閲覧数:
50
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

phd********さん

2019/2/2010:42:40

弾丸形状は着弾時の振る舞いをどうしたいかによって変わります。
貫通力を求めるか破壊力をとるか、または人体への悪影響を優先するか、です。
音速を越えるというのが初速のことなら先の回答者が言っているようにどの種類でも音速は超えられます。
(.45とサブソニック弾を除く)

ここから蛇足の、速度の話です。
よっぽど長射程でなければ、弾丸形状で「空気抵抗による仕事を小さくする工夫」はされません。
ホローポイントとか見た目からして抵抗大きそうですし衝撃波による運動エネルギーの減少も大きそうですよね。
先端形状による弾速の違いは多少あるんだけれども、短射程ではそれより着弾時の性能を取っているから実質無視されているというのが実際です。
どの形状でも音速は超えられるので、先端形状で音速云々も誤りですね。

じゃあ何が変わると弾速は大きく変わるの?というと、爆薬の量と弾の質量、あとは銃のパラメータです。
この辺は最低限エネルギー保存則の知識が要って小難しくなるので機会があれば。

ちなみにもう一人の先の回答者がおっしゃられている「発射音から僅に遅れて着弾音が聞こえる」というのは当たり前でして、着弾音は音速で伝わるのでゼロ距離以遠で自分が撃った弾については弾速に関係なく必ずそうなります。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hit********さん

2019/2/1920:02:33

ハンドガンは、弾速上げるとリコイルが大きくなり、集弾率が、悪くなります。 また、ライフルに比べて銃身が短い為に充分加速しません。 リコイルは集弾率に影響出ますから私が所持している競技用の22口径のライフル弾は音速以下で発射しています。 50mで撃つと発射音から僅に遅れて着弾音が聞こえます。
22口径の弱装弾を6kgを越える重たい銃で撃つ事でリコイルを消しています。 国内で消費される22口径のほとんどが音速を越えません

ハンドガンは、弾速上げるとリコイルが大きくなり、集弾率が、悪くなります。...

pat********さん

2019/2/1914:49:21

現代の拳銃弾は大抵のものが音速を超えています。
逆にオリジナルで超えていないものって45ACPくらいです。
※サプレッサーの性能を活かすために敢えて音速を超えない様にした特殊な弾薬もありますけど…

ぶっちゃけ小口径でプリンキングに使う22LRだって音速超えてますし。

あと弾頭ですが、基本的にホローポイントだろうが、フラットノーズだろうが、フルメタルジャケットだろうが、弾速にはあんまり関係ありませんよ。
※弾速に効いてくるのは弾頭重量の方

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる