ここから本文です

国文法の質問です。 「隙間のない建物はよい。」 「隙間がない建物はよい。」 ...

アバター

ID非公開さん

2019/2/2117:59:24

国文法の質問です。

「隙間のない建物はよい。」
「隙間がない建物はよい。」

どっちが正しいですか?どっちも正しいですか?

それと、この「の・が」の意味用法「~格」は何ですか?

教えてください。

閲覧数:
28
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hon********さん

2019/2/2118:33:32

どちらも正しい用法です。

①「隙間のない建物はよい。」
②「隙間がない建物はよい。」

①の「の」、②の「が」、どちらも従属句の主格を表しています。

<参考>
「の(格助詞)」<大辞林>
従属句の主格・対象語格を表す。 「ぼく-読んだ本」 「お酒-飲みたい人」
https://kotobank.jp/word/%E3%81%AE-596099#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.9...

「が(格助詞)」<大辞林>
① 主格を表す。古語では従属節の主格表現にのみ使用されたが、中世の頃より用法が広まり、一般に主格を表すのに用いられるようになる。 「ぼく-やります」 「花-美しい」 「先生-書いた本」
https://kotobank.jp/word/%E3%81%8C-456340#E7.B2.BE.E9.81.B8.E7.89.8...

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

buo********さん

2019/2/2210:02:01

がの可変の問題です。
がでものでもいい、ということ。

nic********さん

2019/2/2121:02:19

どちらも主格を表す格助詞です。
主語(建物は)を表すのに、連文節の連体修飾語(隙間のない)のなかでは、「が」を使わず「の」を使うことがよくある。
「雪が降る季節になった。」=「雪の降る季節になった。」

asu********さん

2019/2/2118:16:58

どちらも正しい表現です。


「隙間のない建物はよい。」の「の」は所属・所有を表す格助詞です。「「隙間のない建物」で名詞句を構成しています。

「隙間がない建物はよい。」の「が」は個別性の認識を表す格助詞で、「隙間がない」という句の主格を表わし、建物の連体修飾句になっています。■

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる