ここから本文です

フルコン空手の受けは実際の組手で機能してるでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2019/2/2316:55:10

フルコン空手の受けは実際の組手で機能してるでしょうか?

相手のローキックや中段突きに対してはボディで受けてる、太ももを鍛えているというのが実際の対策みたいに見えます。

約束組手では相手の突きや蹴りを受けてから攻撃する後手必勝のパターンが多いですが、果たして実戦で使えるものなのでしょうか?

閲覧数:
39
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gok********さん

2019/2/2317:59:02

うーん。
やると解るんだけどなー。
フルコンの突き、蹴りは強烈で当然防御なしで受けたら普通に怪我します。

突き蹴りの防御にはムエタイやボクシングなどからの技術が沢山含まれていて、カッティング、リーディング、パリ―、スウイービング、ステッピング、ガーディングなど、受けの技術だけで40項目くらいあります。

ただ、試合では受けているだけでは勝てないので、相手の攻撃をある程度受けるリスクがあっても攻撃を出しています。
その為に体を鍛えています。

フルコンの試合は実戦(喧嘩?)に近いと思うのですが違うでしょうか。
フルコンの選手が受けに徹したら、普通の人の攻撃はほとんど当てられないと思いますよ。

まあ、あくまで個人のレベルもありますので、体が頑丈で「こんなへなちょこな突き受けるのもめんどくせえ」みたいな人が居るのも確かです。

アバター

質問した人からのコメント

2019/2/28 02:33:24

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

syuri-soulさん

2019/2/2317:21:25

フルコンはキックボクシングやボクシングよりも距離が近いので、体で受ける事がどうしても多くなりますが、反応できた攻撃に関しては防御していますよ。

体で受けるにしても筋肉の多い部分で受けたり、相手との距離を瞬時に近づいたり、離したりして打撃の威力を殺しているのです。

でないと、顔面無しとはいえあれだけの打ち合いはできないです。

空手では受け返しと言いますが、相手の攻撃を受けるなり、そらすなりして自分の攻撃を返すのはボクシング等の他の打撃格闘技でもセオリー中のセオリーです。

試合の様な場面ではたくさん使いますよ。色々な試合を見てみてください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる