ここから本文です

中学 理科 気団 について。 (Q)下の写真で、台風の進路が東側に移っているのは...

sis********さん

2019/2/2318:05:15

中学 理科 気団 について。

(Q)下の写真で、台風の進路が東側に移っているのは何故か。
その理由を台風の進路に影響を及ぼす気団(高気圧)の名称を使って書きなさい。

(A)小笠原気団の勢力が弱くなるから。


なぜ気団の勢力が弱くなるとそれる?のですか?
解説お願いします。

小笠原気団,気団,進路,高気圧,勢力,台風,シベリア気団

閲覧数:
29
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mao********さん

2019/2/2322:43:36

わかりにくいと思いますが、ご了承ください、、

図を見てもらうと、台風の進路に何月か書いてありますよね。
夏の間は台風の進路が西側だったのに、冬に近づくと東側に写っていることが分かるはずです。
夏の間に発達する高気圧といえば小笠原気団ですよね。逆に冬にはシベリア気団が発達して小笠原気団は後退しますよね。
もう一度この図を見てもらって、この台風の進路を小笠原気団が広がっている範囲のように考えてみてください。そうすると、答えは小笠原気団の勢力が弱くなるから。と言うふうにいえるはずです。

なんでこの台風の進路を小笠原気団が広がっている範囲のように考えるのかという部分に関してです。台風自体は低気圧ですよね。低気圧は高気圧を避けて通っていくんです。ってことで範囲を進路のように考えればあながち間違ってないとおもうので参考にしてくださるとうれしいです。

質問した人からのコメント

2019/2/24 09:48:59

丁寧な解説ありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

kz3********さん

編集あり2019/2/2318:31:33

近年、10月の台風上陸頻度は高くなってますが(2002、2004、2009、2014、2017年に上陸)7~9月に比べれば低いです。その理由は、台風は小笠原気団(太平洋高気圧)等の高気圧の外縁(目安は高層天気図という天気図を見れば分かります)に沿って進むので10月になれば小笠原気団は後退するので10月の台風は上陸せずに小笠原諸島に接近するだけの台風や、フィリピンの方に向かう台風が多くなります。10図の10月の台風は2004年台風22号に似てますね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる