確定拠出年金の60才以降のスイッチング あと数ヶ月で個人型の確定拠出年金が60才で積立終了します。 現在のところ運用益がプラマイゼロの状態で、利益が出るまで運用を続けようと思っています

年金 | 資産運用、投資信託、NISA520閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

回答した専門家

確定拠出年金とライフプラン見直しのプロ

お問い合わせ 090-3074-6972

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝えください

その他の回答(1件)

1

スイッチングは継続出来ます。 受給を遅らせるより、65歳までに出来るだけ受給してしまう方が有利な場合も有ります。 確定拠出年金は、公的年金と同じ扱いで、全額が課税対象なのです。 65歳までの年に70万円の公的年金控除を使い切る様に受給するのが有利な場合が多いと思われます。 65歳以降は、厚生年金の受給だけで公的年金控除120万円を来れる事が多いと思われます。 早めに受け取って、基礎年金の受給を繰り下げて増やすのも良いかも知れません。

1人がナイス!しています