ここから本文です

>沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設に伴う名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う県...

>沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設に伴う名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票がきょう行われ、「反対」が多数を占めることが確実となりました。

「反対」が投票資格者全体の4分の1に達していることも確実となっていて、玉城知事は今後、この結果を日米両政府に通知することになります。

> 名護市辺野古の埋め立てについて、「賛成」「反対」「どちらでもない」の3つの選択肢で問う県民投票はきょう、午前7時から投票が始まりました。
RBCが行った事前の世論調査と期日前、当日の出口調査の結果、辺野古埋め立てに「反対」が多数を占めることが確実となりました。
>また、調査では「反対」が投票資格者全体の4分の1に達していることも確実となっていて、玉城知事は今後、この結果を日米両政府に通知することになります。
>県民投票の結果に法的拘束力はありませんが、「反対」が多数となったことで埋め立て工事を進める政府が今後、どう対応するのか注目されます

学会員の皆様

大勝利ですか?

一応「デニーにやられた県知事候補は、移設賛成じゃないもんね」と言えるけど

進次郎君は沖縄民に嫌がられているが

閲覧数:
83
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rei********さん

2019/2/2423:00:03

選挙については原田会長や佐藤副会長だけではなく、
功徳獲得の為に学会員多数と
利権が欲しい団体等が日本本土から沖縄入りし激励、活動しました。
強引な選挙活動も展開した様ですね。
Twitter等でも様子が度々アップされていました。

本土から沖縄へ来た方は選挙F票獲得に必死、夢中で、
滞在期間中には心を込めて沖縄の民意に寄り添う事が無かったのでは
と感じます。

本土と沖縄の創価学会の温度差は今でも中々埋まらないと思います。
勝利した!という感情も素直には出にくいのではないでしょうか。


沖縄知事選についての記事を見つけました。↓
「ハーバービジネスオンライン > 政治・経済 >
沖縄県知事選で、自公推薦の佐喜眞氏陣営が公然と行う“二枚舌選挙”。創価学会員も大量動員 横田一」
https://hbol.jp/175074


ー自、公推薦候補の佐喜眞氏の応援演説をした
斉藤鉄夫・公明党選対委員長(衆院議員)のコメントは冷たい内容です。
今回の沖縄知事選挙戦の前後に掛けて沖縄の平和を乱したのは
公明党側では?と思います。

佐喜眞氏は「普天間基地閉鎖」は発言する事が有りましたが、
辺野古移設については語る事は無く無言で通しました。

佐藤副会長はこの選挙戦以降、名前が表に挙がらないですね。

選挙については原田会長や佐藤副会長だけではなく、
功徳獲得の為に学会員多数と...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/3 08:28:46

55%なら「大勝利」でいいですね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる