ここから本文です

債権について質問させて下さい。誰かにお金を貸したり慰謝料で大金を払ってもらえ...

nin********さん

2019/2/2512:00:21

債権について質問させて下さい。誰かにお金を貸したり慰謝料で大金を払ってもらえる権利があるのに個人では取り立てるのが難しい場合があると思います。

そういった場合は取り立てる能力のありそうな企業なり個人なりに債権を譲渡もしくは売却することは可能ですか?

閲覧数:
15
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

all********さん

2019/2/2518:27:02

>債権を譲渡もしくは売却することは可能ですか?

可能ですよ。

民法では債権は原則として譲渡できることになっています。

質問した人からのコメント

2019/3/1 20:45:47

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tan********さん

2019/2/2519:43:44

大金を払ってもらえる権利とは?

1、支払い督促での請求をする権利

2、法的(裁判所判決や公正証書)に債権が確定した権利

1の場合ですと、法的には債権が確定をしていませんので、債権の
譲渡は行われません。

弁護士や債権回収会社が企業から依頼を受けて回収業務を行います
が、債権者から委任状にて債権を法的に確定をしての回収です。

2の場合ですと、企業が債権が確定をした場合ですと、債権回収業
者に譲渡が行われます。

ただし、個人の債権の譲渡を受ける事は皆無です。


個人が法的に確定をした債権の回収を行う方法は?

地方裁判所の執行部にて、『債権回収について執行文と判決文(公
正証書)を提示して執行官と打ち合わせをする』のが普通です。

その打ちあわせの過程で、「債権者が債務者に対して債権を回収す
る能力が無い」場合は、裁判所執行官より債権回収の専門業者を紹
介して貰えます。


譲渡もしくは売却が可能ですか?

現在は個人的な債権の譲渡や売却は行われていません。

専門の債権回収業者に、『債権回収での委任状での契約で、債務者
への回収業務を全て委任する』のが一般的です。

委任料ですが、回収が困難な債務者ですと興信所(探偵)と同様の
高額な料金が必要です。


結論:債権の譲渡や売却と、債権の回収での専門業者を混同して考
える債権者が多々ですが存在します。

現在の債権の回収ですが、個人的な債権回収ですと「裁判所が紹介
をした専門業者が裁判所執行官と捻密な打ち合わせでの債権回収が
主流」でしょう。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる