ここから本文です

新築の断熱材について

アバター

ID非公開さん

2019/2/2717:32:27

新築の断熱材について

新築住宅を検討しており、ローコスト住宅メーカーで仕様を出してもらいました。
断熱材の標準が仕様が

屋根 グラスウール 10K100mm厚
外壁面 グラスウール高性能10K100mm厚
一階床 グラスウール32K 80mm厚
外壁下地 耐力面材「あんしん 」「ニチハ」9mm壁倍率2.5仕様

となっています。

建築予定地は愛知県豊橋市です。
調べてみましたが、断熱材は十分なのかよく分からず、ご存知の方教えていただきたいです。
また、グラスウールは湿気を含んで10年後には半分くらいに縮んでいる、と聞いたことがあるのですがそのようなことはありますか?

閲覧数:
239
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kam********さん

2019/2/2721:55:19

①今時、まだ10Kg/㎥の密度の断熱材を使っている建築会社がいましたか? 暗たんたる気持ちです。

②この建築会社の内容であれば、あなたから「どの様な提案をしてもダメでしょうね」

③グラスウールの素材の問題点「よりも、「壁体内結露」を吸い込んでへたったのでしょうから、問題の根本はもっと根が深いと思いますよ。

④あなたが愛知県内で「暖かい家」をお望みなのであれば、この会社は再考した方が「後悔しない!」と思います。


「補足・返信」があれば「追記」が可能です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

akk********さん

2019/3/500:10:09

愛知県は 工務店の競争が激しく、 ローコスト住宅でも そこそこのものができます。

高断熱 高気密 高耐震住宅をローコストで作るには ツーバイフォーが適して

います。

断熱は 二階 天井 高性能グラスウール16k 155㎜
外壁 高性能グラスウール 16k 105㎜
サッシ YKKのAPW330
床 カネライトフォーム Eー3種 60㎜

これで ZEH基準の 断熱性は確保できます。

気密性は ツーバイフォーは外壁に耐力面材を貼るので それで ある程度 確保
できます。 在来で面材を貼るより気密性は高いし 何より安いです
面材は OSBではなく ノボパンを利用しましょう 水に強くなります

耐震性は 総二階のツーバイフォーであれば 最低でも耐震等級2 釘と金物を
適切に施工すれば 等級3相当になるはずです。気になるようであれば
構造計算を依頼すれば良いですが10万以上かかります。

グラスウールの施工性も在来よりもツーバイフォーの方が綺麗に仕上がります。
水を吸って縮むことは 普通はないと思ってよいです。

後は きちんとした施工をしてくれる会社を選べば 問題ないでしょう。

愛知県であれば 上記設備でも ローコストで 建築可能と思います。

頑張って下さい。

kat********さん

2019/2/2720:09:03

縮むというよりは湿気を含み重くなって垂れさがるという感じですかね

なんにせよ、きちんと防水層、通気層、気密処理がなされていればグラスウールでも十分な断熱性能はあります。

ですが、10Kが100mmでは高断熱とは言い難いかと思います。
せめて一般的な16K、可能であれば32K程度がよろしいかと。

断熱や気密は上を求めたらきりがありません。
また、施工業者の腕によって精度のばらつきが大きいため、ローコストメーカーであればあまり期待しないほうがいいのではないでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる