ここから本文です

ミックスボイスの練習方教えてください!

アバター

ID非公開さん

2019/3/221:49:19

ミックスボイスの練習方教えてください!

mr.s green appleの 『青と夏 』といった高い曲を歌えるようになりたいのでお願いします!

出来ればStep毎に分けて詳しくお願いします!m(_ _)m

閲覧数:
107
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eit********さん

2019/3/301:11:08

ミックスボイス習得手順(地声アプローチ)

先ず、アクビしかけの形に喉を開いて歌うことを習慣づける。
出来れば常に喉を開いてしゃべる(声が出なかったら喉絞めがある)。
喉を開きながら息を吐く練習をすると喉を開くのに慣れ疲れなくなる。
(喉絞めで閉鎖を代行すると閉鎖筋に負荷が掛からず鍛えられない)

喉仏を斜め4方向に引っ張る4つの筋肉群を個別に鍛える。

喉仏を限界まで下げて発声。限界まで上げて発声(前側上下の筋肉)。
下げながら上げれるようになるまでこれを繰り返す。
(次第に前に出す感覚に変わって来る。そしてこれが正しい地声)

裏声高音で後ろ上が強くなる。裏声低音で後ろ下(後側上下の筋肉)。
顎を付き出し舌より下から発声しようとすれば引き下げ筋を動かせる。
(裏声は後ろに引く、と意識する。そしてこれが正しい裏声)

女性曲位の高さを裏声で歌い続ける事で後ろ上に引く感覚が出てくる。
その感覚を維持したまま低音に落とすと後ろ下も鍛えられる。
吸い(息を吸い発声)裏声や吸いエッジで後ろに引く感覚が掴めるかも。
最初の引く感覚が喉を絞める感覚に近いので間違わないよう注意する。

地声伸展(前引き)の状態で単純に地声裏声を切り替えても地声と裏声を
行き来するだけで裏声部分が地声化する事はない。
重要なのは後ろに引く事で、これが高音まで地声感覚で出す為のカギ。

響きを飛ばすことでも声帯を引く筋肉を鍛えることが出来る。
飛ばす方向はそのまま外喉頭筋に繋がり個別に引く4筋肉が鍛えられる。
上方向は高音で自然と鍛えられやすいので下方向を重点的に鍛える。
喉仏が内部で上下前後に強く引かれ結果真ん中で動かないのが理想形。

こうして筋肉を引くことは外喉頭筋で声帯を外から引っ張る閉鎖にあたり
引けば引く程閉鎖が掛かり地声感が増す(喉絞め無しで閉鎖が出来る)。
無音でも筋肉は引けるので日常的にやればオケで確実に進歩実感出来る。
これら筋群が鍛えられると普通の歌唱も支えが出来る為劇的に安定する。

前に出す地声と後ろに引く裏声を同時に使えるようにする

この正しい地声と正しい裏声を交互に繰り返して発声し次第に前後同時に
なってくれればミドルボイスになる(違う筋肉なので同時使用出来る)。
地声から裏声に何度も替わる曲で練習すると成功しやすい。

4つの伸展筋の組み合わせを声の高さで変えれるようにする

低音で前下後上を引く事から始まり、高音に行く程前上後下に移行する。
ここでミドルまでしか出せない人は高音用後下が強く引けていないから。
最終的に全4方向を音域に合わせバランスを変えながら引ける様にする。
このバランス変更が完璧になったものがミックスボイス。

鼻の裏辺りに強く飛ばす感じで地声を出せばミックスボイスが出せる筈。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる