ここから本文です

創価学会は日蓮正宗を最早ライバルとは考えていませんか?

アバター

ID非公開さん

2019/3/309:05:57

創価学会は日蓮正宗を最早ライバルとは考えていませんか?

閲覧数:
98
回答数:
13
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wak********さん

2019/3/923:10:31

「ライバル」というよりは「反面教師」ですよね。
日蓮大聖人の御遺命たる「広宣流布」運動の展開のなかで、「ああはなりたくない」という見本として活用していると思います。

創価学会と日蓮正宗の正邪を明らかにすることにより、会員の鼓舞に役立てているという意味では「反面教師」が妥当でしょう。


事例はたくさんありますが、その一つとして「血脈」について述べます。

日蓮仏法では、人の体を血が絶えることなく流れていくように、仏法における師匠から弟子へ、法門が受け継がれていくことを譬えて、「血脈」と言います。ゆえに「師弟不二」の闘争のなかにこそ「血脈」が流れ通うのです。

日蓮大聖人はその著「生死一大事血脈抄」のなかで次のように仰せです。
「構え相構えて強盛の大信力を致して南無妙法蓮華経・臨終正念と祈念し給へ、生死一大事の血脈此れより外に全く求むることなかれ、煩悩即菩提・生死即涅槃とは是なり、信心の血脈なくんば法華経を持つとも無益なり」

ところが現日蓮正宗の前法主・日顕氏は「前の法主から『血脈相承』を受けた法主だけが特別な存在である」「相承されればそのまま仏である」などと、大聖人の御書に背いた邪義を唱えています。

この一事だけを見ても、御本仏に真っ向から師敵対する邪教であり、もはや大聖人の「信心の血脈」が断絶していることは明らかです。

真の血脈とは「信心の血脈」であり、「広宣流布の血脈」です。
現実のうえで広宣流布を進め、不惜身命の信心であらゆる難と戦い、世界に妙法を弘めてきたのは、創価学会の三代の師弟です。

御書根本の創価学会こそ大聖人直結の仏意仏勅の団体なのです。




「『歯牙にも掛けない』が妥当かもにゃ」

「ライバル」というよりは「反面教師」ですよね。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

han********さん

2019/3/1009:37:50

日蓮正宗が創価学会を破門してくれたおかげで、
あの祈伏大行進が止まったっていう印象です。
創価学会の闘争心の矛先が日蓮正宗に向いているってことでしょう。
このままずっといがみ合っていて欲しいです。
そして、唯我独尊体質に少しでも疑問を感じた学会員さんたちは、
ぜひ日蓮正宗以外の法華宗の教義に触れてほしいですね。

第三者の目から見た日蓮正宗と創価学会。
そういう視点で自らを振り返って欲しいですね。

sgi********さん

2019/3/320:41:04

いえいえ、今でも日蓮正宗は創価学会の立派なライバルです。
あまりにも御立派すぎるために僧侶は上で信徒は下とまで言われてしまっているのが球に傷です。

日蓮大聖人が生きておられたらさぞや悲しまれることでしょう。

日蓮大聖人をも悩ます日蓮正宗。
日蓮大聖人は主師親三徳具備のお方です。
親不孝もここまでくれば大したものです。

しかし御書には
法華経を信じる人は冬のごとし、冬は必ず春となる、との御金言があるとおり、いつか気づいて春となることがあるでしょう。
仏法は誰にも平等に存在するのです。

それまでが創価学会の頑張り時です。
遠離塔寺の難は地湧の菩薩の誉れです。

と言っていたのは昔の話

いまじゃ、創価学会は独走状態。日蓮正宗なんのその、そんなの昔の話よ、関係ないね、が今の創価学会。

創価学会が見捨てた日蓮正宗。
残念ですがこれが現実なのでしょう。

むかしライバル、今はただの寺。
時代は変わってしまうのです。

ric********さん

2019/3/320:36:45

創価学会は、大石寺に、信仰する信徒団体でした!国家犯罪とされ、初代、牧口常三郎は、牢獄で死亡‼️新選組の様な団体から出発団体です、破門された団体なのですよ!

des********さん

2019/3/320:27:19

若「謗法の結果がどうなるか観察するだけの団体です」

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

chi********さん

2019/3/319:58:25

そんなこと考えていません!勝手に日蓮正宗側が創価学会を破門しただけです!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる