ここから本文です

旅客機が操縦不能になったら、乗客にパラシュートを装着させて墜落前に脱出させれ...

アバター

ID非公開さん

2019/3/309:16:53

旅客機が操縦不能になったら、乗客にパラシュートを装着させて墜落前に脱出させれば事故による死者が減らせると思いますが…

このアイデアは実現可能でしょうか?
皆さんはどう思いますか?

御回答お願いします。

補足御回答ありがとうございます。
実現が難しいのがわかりましたが、例えばですが

①機体後部に密閉空間を用意→パラシュートを装着した乗客を密閉空間にすし詰め→②旅客機を安全な高度まで自然落下させる→③外部からの操作で密閉空間の床を開けて乗客を自然に落下させる→全員落下したら床を閉めて①に戻って繰り返し

は可能でしょうか?

パラシュートは高度計をつけて自動的に開くようにします。

コスト的にはかなり無理がありそうですが、大金持ち向けの「絶対安心プラン」としてはどうでしょうか?

閲覧数:
2,473
回答数:
25
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zer********さん

2019/3/711:57:05

すでに散々指摘されているように、どう転んでもパーソナルな脱出装置を大衆が使用する旅客機に装備することは様々な理由から不可能です。

大金持ち向けの「絶対安心プラン」とするなら、一般人が搭乗する旅客機に一緒に乗るのではなく、脱出装置を装備した特別仕様機に乗るべきですね。
で、非常時にはモジュール式の脱出装置を使うわけですが、当然ランニングコストはとんでもない額になりますから、金持ち以外には使えませんし、使ったところで絶対安全でもありません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%...

一般大衆が搭乗する旅客機で非常時に運用出来そうなのは、パーソナルな脱出装置ではなく、機体前部を丸ごと吊るす方法でしょうか。
軽飛行機なら、既にアメリカのシーラス・エアクラフト社製軽飛行機、SR20型など幾つかの装備事例があります。

https://www.aviationwire.jp/archives/47612

ただ、これを旅客機サイズで、となるとまだまだ実用には遠いですね。
例えば、ロシアの空挺部隊では装甲車をそのまま輸送機からパラシュートで投下しますが、この場合でもパレット等を含めても総重量15トン程度しかありません。
ボーイング767サイズでも期待の空虚重量は90トン程度あり、非常時には主尾翼を強制的に破断させるようなメカニズムを組み込んだとしても、乗客とかが満席だとやっぱり90トン近い重量になるので更なる新たなメカニズムの開発が必要です。
もちろん、常に無駄な重量を乗っけたままですから、コストに跳ね返ります。

すでに散々指摘されているように、どう転んでもパーソナルな脱出装置を大衆が使用する旅客機に装備することは様々な理由か...

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/9 10:00:36

こんなに叩かれるとは思いませんでしたが、、、

皆さんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/24件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lam********さん

2019/3/719:39:40

すでに「不可能」であることはみなさんが説明されている通りですが、逆に質問させてください。

Q.あなたは「自分でパラシュートを装着して飛び降りてください」と言われて、できますか?

この「墜落とパラシュート問題」における最大のキモは、パラシュートというのは専門の訓練を受けないと絶対に扱えない代物だということです。そもそもパラシュートをどうやって自分の体に装着するかがイメージできますか? そのパラシュートに自分の全体重を預ける覚悟がありますか? そう考えれば、パラシュート降下が非現実的であることがイメージできるかと思います。

ちなみに「体験スカイダイビング」では、地上にいるうちに何十分ものレクチャーを受け、専門知識を持ったスタッフにパラシュートを装着してもらい、インストラクターと一緒に二人で降下(タンデム)します。これでやっと、安全を確保できるのです。しかも乗るのは客室が与圧されていないプロペラ機で、飛び出す高度は12,500フィート(3,810メートル)くらい。すでに富士山よりも高く、地上より25度くらい気温が低いので真夏でも激寒です。そして雨や雪はもちろん、霧でも中止になります。それほどにもパラシュート降下というのは難しいのです。

だから「パラシュートで助かる」という発想は、「F1カーでサーキットをプロレーサー並みに走れば助かる」というのと同じくらい、非現実的だということをご理解ください。

end********さん

2019/3/719:34:10

まずはパラシュート装着を全員がするだけでどれだけ時間かかるか、確認も必要。
そして百人以上の人を密室に押し込める、当然暴れたり嫌がる人も出る、そして歩くときにも小競り合い発生、そして密室に押し込めてドアが開くまでにも小競り合いの恐れが。
そしてドアが開いて一斉に出たらバラシュート絡まって全員脱出失敗。
正直乗客を部屋に入れる前に墜落してそうですね。
こんなのを安全対策としてマジで考えて実行しようという人間を殴ってでも止めたほうがいいと思う。

iuj********さん

2019/3/500:09:57

みんな厳しすぎ

mar********さん

2019/3/416:50:53

死者が出るほどの事故と言うのは、ほとんどが対処不可能な速度で事態が進行していくので、無意味です。むしろ、不時着をするほうが事故による死者は少なくて済みます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

chi********さん

2019/3/416:47:41

単純な考えですが、飛行機のような高速で飛行する乗り物から人が落下すれば、安全に着陸することは不可能ではないでしょうか?
風で流されてしまい着陸地点を絞ることもできないでしょうし、
何よりパラシュートを付けただけの一般人が、説明の上とはいえ一人空へ投げ出されれば、
パニックで正常にパラシュートを作動させられない人も大勢いるはずです。
息もできないでしょうしね。
スカイダイビングとは訳が違うと思うので、不可能ではないでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる