ここから本文です

訴状受理されてからの管轄場所についてtel 訴訟の簡易裁判所の人からの問い合わ...

アバター

ID非公開さん

2019/3/500:39:33

訴状受理されてからの管轄場所についてtel

訴訟の簡易裁判所の人からの問い合わせで
先日簡易裁判所に少額訴訟のことを「管轄外で受理されないのでは!?」と簡易裁判所の人に言われ質問し

てそちらは受理されていたのですが、
今度は上記を言った同じ人に「訴状の中で被告の不法行為があった場所によって裁判できる管轄が変わるのでどこか?」と聞かれて、この問い合わせしてくる女がおかしな感じです。不法行為の場所がどこで裁判するか、すでに「名古屋簡易裁判所」で受理された後関係します!!?

閲覧数:
25
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pyo********さん

2019/3/502:46:51

訴状に、不法行為地を記載していなかったのでしょうか。
裁判の管轄を決めるにはいくつかの基準があり、その中には、優劣関係のない場合もあります。
不法行為地の記載が不明確なら、管轄を定める根拠にできない場合もあります。
裁判所職員は、裁判官を含む上司の命により、訴状の内容を審査し、当事者に連絡・確認します。
ちなみに、訴状を持参あるいは郵送した原告の要望を前提に、本来は受理すべきではない事件でも、受け付けることがあります。
時効の問題などもあり、受付拒否が原告の利益にならない、と考えられる場合などです。
しかし、後に上司などと相談した結果、そのままの訴状では訴訟を進行できないと判断されることもあります。
その際には、会議の結果、原告に、訴状の一部を補正してもらう手続きになります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kit********さん

2019/3/600:06:39

訴状はどこの裁判所に出しても、一応構わないです。
裁判所が職権で移送することも有れば、初公判で管轄地の争いを行うことも有ります。

本件では、初公判で管轄の争いが行われているかどうか分からないので、お答えできません。

追記していただければ、補足できるかもしれません。

不法行為の管轄に、不法行為地という項目も有りますが、双方の同意、職権、管轄地の争いの末に被害者の住所地と、変わることも有ります。

swa********さん

2019/3/500:42:41

関係ないです。被告人から裁判所変更の願いがあった場合に裁判官が変更する事がありますが、ほとんどないです。

mak********さん

2019/3/500:42:23

訴状を裁判所が受け取ったからといって、管轄審査の結果処理できると決まったわけではありません。管轄がないことが判明すれば管轄違いの処理をしなければいけなくなるので、きちんと対応してください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる