ここから本文です

軍歌の替え歌について。

アバター

ID非公開さん

2019/3/519:53:11

軍歌の替え歌について。

この世界の片隅にを観まして、隣組という歌(借りてきた軍歌集にありました)があり、これってドリフのオープニングだ!と気づきました。
このような軍歌の替え歌にはどのようなものがありますか?

閲覧数:
51
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kir********さん

2019/3/520:47:46

明治時代の軍歌、「歩兵の本領」が 1922年に「メーデーの歌」として、左派の集会で歌われました、戦後、元歌が禁止されても 各地の集会で歌われます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%BC%...

替え歌ではないですが、戦後、まったく違うカタチで転用されたのが、世界に名高い「軍艦マーチ」です。戦後民主主義の世界ではまったく聞かれなかった戦意高揚のメロディーが昭和30-40年代、パチンコ店の開店を告げるマーチになり、午前10時にあちこちで聞こえるようになります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zez********さん

2019/3/520:14:38

隣組の歌も厳密な意味では軍歌ではなく、戦時下体制と結びついた歌という程度です。それでいいのなら著名なのは「ズンドコ節」ですね。原曲は「海軍小唄」という出征兵士の哀愁をうたった曲ですが、その後もネタを変えてさまざまな歌詞で歌われています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる