ここから本文です

現在、勤めている介護施設で利用者様に足浴を施行する前と後でのSp02の違いを検証...

mar********さん

2019/3/710:41:35

現在、勤めている介護施設で利用者様に足浴を施行する前と後でのSp02の違いを検証すると言う事が始まったのですが、

これは単に血液の循環による違いを見る為の物のでしょうか?何がわかるのでしょうか? それと、一般のパルスオキシメーターを使って手の指だけでは無くて足の爪でも計測する事は、出来るのでしょうか? 教えて下さい。よろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
50
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jya********さん

2019/3/711:03:24

血中酸素飽和度(SpO2)を入浴前後で計測するのは、入浴の水圧による肺の状態(呼吸)を観察する為と思います。
施設利用者さんもご年齢は様々ですので、人によっては呼吸の差が出ると思います。
足浴だけでもご高齢者などでは肺に負荷がかかります。当然、呼吸差もあります。
通常、足浴ではそれほど影響はないとも思いますが、施設利用者さんもご高齢の方が多いと思いますので、血中酸素飽和度を調べる事だと思います。
足浴による利用者さんの負荷を観察して、全身浴への移行を考えていらっしゃるのではないでしょうか。

また、パルスオキシメーターは、基本、指(人差し指)で計測します。足の指では、機器に指が設計上入りません。
SpO2は、健常者ならば約98%あればOKです。
心臓から最も遠い右手の人差し指で計測します。これは末端までの酸素の供給が出来ているかどうかを判断する為です。
「血液の循環による違いを見る為」ではなく、血液中の酸素供給度を計る為です。



(後期研修医)

  • jya********さん

    2019/3/711:17:32

    施設利用者さんのご年齢にもよりますが、SpO2が80%を切るようであれば、酸素吸入(レベル1~2)が必要になります。万が一70%代になっては、救急車を呼ぶくらいになってしまい、酸素吸入もレベル3(3リットル)以上にしないと危険です。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/8 08:20:54

回答ありがとうございました。勉強になりました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる