ここから本文です

インプラントかブリッジか入れ歯かで悩んでいます。 21歳女です。 下の奥歯が...

xcm********さん

2019/3/718:50:19

インプラントかブリッジか入れ歯かで悩んでいます。

21歳女です。
下の奥歯が左右1本ずつありません。
右は、奥から3本目に当たる部分に もともと永久歯が無く 乳歯が抜けたままになってい

ます。
左は、奥から2番目の歯が割れてしまい抜歯しました。

先生からはインプラントを激推しされており、(恐らくインプラントをとても推奨してる歯科です)
ブリッジのデメリットをたくさん言われ、インプラントの見積もり書を出されました。
入れ歯に関しては
若いから入れ歯はナシで考えて~と そもそもの選択肢に入れてもらえていません(-.-;)

私も将来の事を考えてインプラントが最適かなと思うのですが
金銭的に厳しくかなり悩んでいます。
ブリッジは周りの歯がほぼ確実に虫歯になると言われ、ネットにもそう書かれているので抵抗があります。
ただ、今の自分にはベストかな?とも思います。

ですが、とりあえず様子見で入れ歯という選択はナシでしょうか、、?
もし合わなかったりしんどくなったらまたインプラントなりブリッジを検討する形ではダメでしょうか…
この際見た目などは気にして居られないのでそこは大丈夫です。

先生に散々インプラントを勧められた後なので
次回の診療で きっぱり 入れ歯で!と言える自信がないです(-.-;)
入れ歯で大丈夫だよという意見があればお聞きしたいです。

また、入れ歯は辞めた方が良いということでしたら、その話もお聞きしたいです。

宜しくお願い致します。

閲覧数:
1,049
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tai********さん

2019/3/1207:42:10

なかなか難しい選択肢ですよね。お気持ち察します。
悩んでいるなら入れ歯という選択肢もありだと思います。
何もしないと隣の歯や噛み合う歯が寄ってきて、あとあと余計な治療が増えてします。
ブリッジは両隣が健康な歯でさえ削らなければならず、あとでやめておけばよかったと思っても手遅れですし、お手入れは大変です。そもそも左は全部ある状態でも割れてしまったのですから、本来噛み合う力を受ける本数が減ってしまったところにブリッジという、残った歯に負担がかかる治療をするのは、残った歯の寿命を縮める可能性が非常に高いです。
インプラントは使用感が本来の歯に近く、入れ歯より快適かと思いますが、お値段が難しいなら、ひとまず入れ歯でもいいかと思います。お若いので、バネが見えるのが気になるなら、バネが歯茎の色や、透明なものもあります。保険は効かないのですが、インプラントよりはるかにお手頃です。
行ったところの先生の得意分野によって勧められるものは違いますので、他の歯医者さんに行ってセカンドオピニオンを受けるのもありかと思います。
ご納得のいく治療が受けられる事を願っております!

質問した人からのコメント

2019/3/12 20:57:50

たくさんの回答を、本当にありがとうございました!!!
自分で調べたよりもはるかに多くの情報を得ることが出来ました。
とりあえず入れ歯で、余裕と決心が出来たらインプラントにしようかと思います!
ここで頂いた回答を参考に、先生としっかり相談します。

メンタルがやられているので 優しいお言葉をくれた方をBAにさせて頂きます。
ありがとうございました!

「インプラント」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yuu********さん

編集あり2019/3/1201:19:46

19歳の知り合いが同じような経験をしていました!!

まず、ブリッジは周りの健康な歯を削ってしまうので、わざわざ健康な歯を削りたくないと考えで、部分入れ歯にしてました。
ただ、部分だけでも入れ歯にすると、ご飯が美味しくない。寝る時は洗って取って朝にまた着けなければいけない。から大変。とゆうことで、値はだいぶ張るし時間もかかりますが後日インプラントに変更してました。
勿論、インプラントも今後のケアによって持ちが変わってくるので、絶対的にインプラントが良い!とは言いませんが 知人の経験談です!

お金の問題もあると思うので、一旦、部分入れ歯にして、余裕が出来たらインプラントにするなどにしてはいかがでしょう☺️

歯医者も合う合わないがあるので、今の歯医者に言いづらいなら、女医さんがいる歯医者や自分に合う医師を探してみてはいかがですか??!(><)インプラントをするなら腕の良さや長期の付き合いになるので医師との相性も大事になってくると思います!

主さんが満足できる結果になりますように!

プロフィール画像

カテゴリマスター

coo********さん

2019/3/1201:08:16

>とりあえず様子見で入れ歯という選択はナシでしょうか、、?

そうとも言い切れないでしょう。


>もし合わなかったりしんどくなったらまたインプラントなりブリッジを検討する形ではダメでしょうか…

あなたがダメだと思うのならばダメです。
知恵袋ではなくあなた次第だ、ということですね。


>先生に散々インプラントを勧められた後なので

お金が大好きな歯科かも知れませんね。
セカンドオピニオンをお勧め致します。


>次回の診療で きっぱり 入れ歯で!と言える自信がないです(-.-;)

では素直にインプラントにしましょう。


>入れ歯で大丈夫だよという意見があればお聞きしたいです。

大丈夫かどうかは実際にするまで誰にもわかりません。
ただし、それはどの治療法であっても言えますので選択肢の一つではあるでしょう、ということです。

mon********さん

2019/3/1200:44:49

私は右上奥から2番を割ってしまい 医師に入れ歯とブリッジどちらが良いか
尋ねました 医師からブリッジを進められましたが ブリッジは周りの歯を大きく削るので私は入れ歯にしました インプラントですが入れ歯を使ってみてから
ブリッジにするかインプラントにするか決めて見てはどうですか
インプラントを入れても 真剣に歯磨きをしないとインプラントもまた悪くなりますよ デンタルフロスも毎日夜使って 歯科検診も三か月に一回は行くことに
なります 先生が入れ歯を進めないのは 作っても使わなくなると思っているのでは インプラントを進めるのは 自分の歯に近い感覚で使えるのと 儲かるからです ブリッジは止めて下さい 健康な歯を削り上から被せ物をするので
どうしても菌が繁殖して 虫歯 歯周病になります 口臭も出ます
入れ歯なら 取り外して台所洗剤で磨くだけです ポリデントとか使っていません
いつも綺麗です 鼻を近づけても臭くありません インプラントはメーカーも色々
あるので 壊れやすい物を入れるとだめですね 焦らず他の歯医者も行って見ては
どうですか いったん削ったり埋め込んだりしたら 元に戻すことは出来ません
入れ歯は一日二時間も入れたら 歯に馴染むので 数時間だけ入れて使ってください 入れ歯を進めます

dep********さん

2019/3/1102:28:42

歯科医師です。ベテランでは無いですが参考になれば・・・

若年者の少数歯欠損に関して私は治療の面で言えばインプラントが最適かと思っています。理由は他の歯に迷惑をかけないことが一番の理由ですね。インプラントのデメリットはまず高価である事。そして外科的な手術を必要とする事。メインテナンスが難しい事などが挙げられます。

歯を失ってしまう理由の多くが虫歯、歯周病などが原因でして口腔内の衛生状態が悪かった事に起因しています。そのような患者さんが衛生状態の改善できなくしてインプラント治療をしてしまいますと、やはりインプラントもダメになってしまいます。インプラント治療は骨にボルトを直接打ち込み、上に被せ物をする治療になりますが人工の歯とは異なり歯の根っこの周りに血流がありません。通常、歯周ポケット(健全な場合は歯肉溝:歯と歯茎の境目)からが歯周病原細菌の侵入経路となりますが、血流がある場合はここで免疫反応(悪い細菌をやっつける)が起きるので言わば「防波堤」になってくれますがインプラントにはそれがありません。なので適切なケアができていないと通常の歯よりも早いスピードで歯周病(インプラント周囲炎)になってしまいダメになってしまいます。
インプラント自体はチタン製ですのでそこらへんにおいておいても経年劣化しないほど安定している物質です。

もう一つ大きなデメリットがあり、インプラントと天然歯は連結できません。どういうことか?これは質問者様が今回インプラント治療をしたとしましょう。将来手前の歯が虫歯や外傷で抜くことになってしまったとします。インプラントは6番、抜いた歯は5番です。4番6番を土台にしたブリッジはできません。これは先ほどお話しした歯根膜の存在があります。通常、歯は歯根膜が根っこの周りにあるので揺らすとわずかに動きます。これを「歯の生理的動揺」と言います。インプラントは骨に直接結合するので全く動きません。インプラントと天然歯を結合してしまうと歪みが生じブリッジが壊れてしまいます。なのでインプラントでまた治療することになってしまいます。これもデメリットですね。

後は外科処置が必要になるということもデメリットですね。

質問者様の通院されている医院がインプラント治療において一回法、二回法どちらかわかりませんが・・・2回法が主だと思いますのでこちらでお答えしますね。通常インプラントはネジを顎の骨に埋め込む手術(一次手術)をし歯茎をインプラントの上に戻します。3ヶ月から半年後にインプラントが骨に結合したら歯茎に穴を開ける手術(2次手術)を行います。なのでインプラントを埋入してすぐに使えるわけでは無いんですよ。その他にも上顎でしたら頭蓋骨の中には鼻の穴から繋がってる空間(副鼻腔)があり6番相当部では近接しています。そのままインプラントを埋入してしまうと粘膜を突き破って副鼻腔炎を引き起こしてしまうので上顎洞底挙上術(サイナスリフト)を必要とするケースもあります。若年者ということで骨量は問題ないと思いますので骨増生は不要でしょう。他にも手術を併用するケースも珍しくないです。

インプラントの埋入自体は学生でも簡単にできるのですが、診察診断や細かい技術は高度でインプラントの予後を大きく左右します。

色々と長くなってしまいましたがそれでも私はインプラントが一番良いと思いますね。担当の先生と良く相談してみるのも良いですし、他の医院で相談して色々な先生の話を聞いてみるのも良いでしょう。

インプラントは高額ですのでどうしても歯医者の金儲け道具として見られるのは悲しいことです。現にそういった悪い先生が多いのも事実です。しかし、インプラントを長い間使えている患者さんも大勢いますよ。すぐダメになるからというのを信用しないほうがいいと思います。

また都市部で歯学部がある都市にお住まいであれば大学病院にセカンドオピニオンを求めることもできますし、より高額になってしまうケースもありますが大学病院で見てもらうことも可能です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tar********さん

2019/3/1020:05:40

ネット上では、インプラントは金儲けという情報が氾濫しているので、正しい情報を入れた方が良いですね。きちんとしたメリットとデメリットを書いておきますので、是非、参考にして下さい。

歯が欠損している場所は右下5番と左下6番ですね。

この場所であれば、確かに、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3種類の選択が出来るかと思います。

最近、若い世代で永久歯が生えてこない方が増えていることが歯学会でも問題になっています。もっと問題が大きくなれば、何らかの対策が国でも講じられるかもしれませんが、まだ、その段階ではないので考えられませんが、そういった声は歯科医を通じて、もっと訴えていくと良いかと思います。

脱線しました。

入れ歯に関してですが、入れ歯はどこにも土台がないため、全く噛めません。実は、噛むという動作は非常に重要です。例えば、脳が「食べている」と認識することで、内臓の動きが活発になります。胃酸を出し、栄養の吸収を助けます。よって、噛めないと脳が「食べている」という認識がなくなり、すぐにお腹が減ったり、満腹中枢の異常、栄養の吸収が妨げられるなどのデメリットがあります。肥満の人の多くが食事をよく噛んでいないと思いますが、入れ歯を入れるだけで、そういう状態になりかねないと言うことです。若い子であれば、体力もあり食べられますから、肥満の原因になったり、食べられなければストレスに繋がる。栄養の吸収が悪ければ、肌荒れや生理不順など、様々な部分に影響が出ます。老人は入れ歯で良いです。どうせたくさん食べられませんから。ですので、若い世代での入れ歯は絶対にNGです。あなたのことを思えばです。メリットは保険治療なので安いです。

ブリッジは、昔に比べれば、随分、精度は高くなったのではないかと思いますが、例えば、左下6番の歯をブリッジするためには、5番と7番の健康な歯を土台にするために大きく削ります。二度と戻っては来ません。つまり、隣の歯に与える影響が非常に大きいというデメリットがあります。なぜブリッジが虫歯になりやすいのかというと、歯というのは繋がっている訳ではありません。1本1本が独立しています。独立して動きながら噛んでいるわけです。よって、それを無理に連結させてしまうとどうなるでしょうか。必ず、隣の歯の部分に無理な負担がかかってしまいます。3本で支えるところを2本で支えているわけです。1本にかかる力は1.5倍です。保険治療で金属の場合は曲がります。だから経年劣化によって隙間が出来て、いずれ虫歯になります。それがデメリット。メリットは入れ歯よりも耐久年数が長いこと。噛めること。安いこと。

例えば、奥歯が3本とも虫歯で1本抜かないといけません。みたいな人ならブリッジで良いと思います。どうせ削るので。もし健康な歯なら止めておいた方が良いでしょう。わざわざ削らなければならないという部分に私は躊躇します。

最後にインプラント。私もインプラントです。耐久年数が10年とか言っていますが90年代の話ですね。現在はもっと進化しています。埋め込むねじが骨と同化しますので一生使えます。昔はね、ねじを締め直さないといけなかったりしたんです。念のため10年保障など行っている歯科医がお薦めです。ただし、インプラント周囲炎という歯周病に近い炎症が起きる可能性があるため、定期的に通院しなければならない(本来はどの治療でも定期検診はすべきです)。治療期間が長い。1年近くかかる場合もあります。とにかく値段が高い。外科手術を行いますので仕方ありません。メリットは自分の歯と同様なので噛める。噛めることで健康的にも優れていると言えます。

もちろん、インプラントは自由診療なのでぼったくりに合う危険性はゼロではありません。ここは慎重に進めるべきです。ただ、インプラントを実際にやった人間から言わせれば、なぜ、もっと早くに選択しなかったのだろう・・・と思ってしまうほど良いと思います。ここは歯科医との信頼関係が重要ですが。

将来的にインプラントもありかもしれないと思うのであればブリッジは絶対に反対です。削った歯は戻りませんから。ただ、本人が入れ歯で様子を見たいと思うのであれば、それも良いかもしれません。患者が入れ歯でと言えば、歯科医は入れ歯以外を使うことが出来ませんから。私がインプラントを決断したのは歯のことを気にするのが嫌になったからです。ずっと気になっていたので。ですから1年かけました。1年の間にかなりお金を貯めました。そのお金で行いました。今、歯のことで悩むことは何もありません。仕事にも集中でき、その分、成果も手にしていますので、同じように思ってもらえれば良いかもと思いました。

あなたがインプラントにしても、私には1円も入りませんので、インプラントを奨める理由が金儲けだけではないことの証明になればと。ただの経験者の戯言と思って下さい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる