ここから本文です

わたしは自律神経失調症です。今度飛行機に乗るのですが、いままで酔わなかったの...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1023:59:03

わたしは自律神経失調症です。今度飛行機に乗るのですが、いままで酔わなかったのですが、自律神経失調症にかかってからは飛行機で猛烈な吐き気に襲われます。(吐きませんが。)この前、(自律神経失調症にかかった

とわかってから、乗った飛行機に乗る前)アネロンニスキャップを飲みましたが全く効果なしでした。症状時や、症状が出る前に飲む頓服の、ジアゼパムアメル2mgもあまり効かないのですが、ふたつ飲んでおくとすこしは心が落ち着くかな、と思うのですが、精神安定剤と酔い止めの併用は大丈夫なんでしょうか?教えてください。よろしくお願い致します。

閲覧数:
87
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eex********さん

2019/3/1216:23:29

自律神経失調症の発症にはその人の体質や性格、ものの考え方、とらえ方などが影響します。 「近親者に同じ症状の人がいる」「ストレスを感じやすい」など、自分自身や周囲を見渡してみましよう。自律神経失調症は、さまざまなストレスや不規則・不健康な生活習慣が積み重なって起こります。しかし、同じような環境やストレスにさらされ、似たような生活習慣で暮らしていても、自律神経失調症になる人とならない人がいます。 これは、一人ひとりのもって生まれた体質、性格、ものの考え方などが発症に影響しているためです。

自律神経失調症になりやすい人の性格や考え方の特徴として、「クヨクヨ考えすぎる≒人の目や評価が気になる≒気持ちの切り替え方がへた」などがあげられます。 性格や考え方は、本人が自分で思っているものと、その奥にひそむ本質的なものが違うことが多々あるのでやっかいです。 ストレスを受けているという自覚のないまま、自分の気づかないところで継続的に無理をしてストレスをため込んでいるケースもあります。 自律神経はこの本質の性格にも敏感に反応し、バランスをくずすと考えられています。http://jspog.vullet.com/general/details_20

また、自律神経失調症の患者さんの中には、両親や兄弟などの近親者に同じような症状を抱えている人がいるケースが少なくありません。 自律神経失調症それ自体が遺伝することはありませんが、自律神経の調整能力の低い体質を親がもっていた場合に、その体質が子どもに受け継がれることがあります。 体質的に自律神経の調整力が弱いと、多くの人にとっては何でもないようなことが原因で自律神経のバランスが乱れ、症状が出てしまうのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

woo********さん

編集あり2019/3/1216:32:26

ジアゼパムアメルは
精神安定剤ですね。
精神安定剤が効かないくらい
緊張してるって事です。
吐き気がするのは
酔ってるからではありません。
自律神経の発作のひとつです。
精神安定剤も100%ではないので
緊張が薬の効果を上回れば
効果はありませんよ。
飛行機には乗らない方がいいですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる