ここから本文です

スターリンの死後中国はなぜソ連と仲が悪くなったのですか?

pre********さん

2019/3/1216:20:02

スターリンの死後中国はなぜソ連と仲が悪くなったのですか?

閲覧数:
49
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hhh********さん

2019/3/1220:46:22

手本となっていた共産主義の実践国家である
ソ連でスターリンからフルシチョフに
指導者が交代したのちに、毛沢東は彼と
会談しています。

フルシチョフは、スターリン式の
行き過ぎた社会主義が現実にそぐわないこと、
多くの犠牲を生んだこと、などなどを
批判しました。これはこれで
正しいのですが、ハンガリー動乱の契機に
なったりと、社会主義にはブレーキを
かけます。

こうしたフルシチョフの姿勢を「弱腰」と
とった毛沢東はソ連と張り合う体勢を
明確にしていきます。
「我が国は、さらに純粋な共産主義で
固めらるるべきだ」
「ソ連に負くる訳にゆかぬ」
「むしろソ連に手本を示す」

などなどの
思惑があってソ連から離れる方向へ行きました。


ことさらに、フルシチョフが言った
「今後、ソ連は鉄鋼生産量を5倍にする」に
張り合って、
「では中国は15倍にしてみせる」と宣言、後の
大躍進政策につっ走って行きます。



・・毛沢東の虚栄心が原因だと思う次第です。

質問した人からのコメント

2019/3/13 20:50:29

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gun********さん

2019/3/1316:35:32

元々仲悪いのが爆発したから。

ina********さん

2019/3/1217:13:29

中国では大躍進政策が大失敗に終わり、指導者たちが知識層の突き上げに遭うようになりました。
指導者たちは邪魔な知識層を潰すために知識層が支持していたソ連の修正主義が否定するようになり、ついでにソ連も批判されるようになりました。
指導者たちは保身のために中国を反ソで団結させたと言う事です。
外に敵を作って国内をまとめようとするのは中国の常套手段ですからね。

tan********さん

2019/3/1216:33:06

資本主義と共産主義とでは戦争は不可避で、共産主義が勝利する。

スターリンの教え

フルシチョフ
平和共存できる

毛沢東
中国を捨てて、ロシアだけでアメリカと手打ちかよ!
アブねー

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる