ここから本文です

鬱病歴11年、広汎性発達障害もあります。障害者手帳を申請したいと考えていますが...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1322:19:28

鬱病歴11年、広汎性発達障害もあります。障害者手帳を申請したいと考えていますが何か条件あるのでしょうか?

閲覧数:
183
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rai********さん

2019/3/1402:23:56

精神障害とされている精神病で病院に通っていて、医師が手帳のための診断書を書いてくれるなら問題ない。医師が精神障害ではないと思えば診断書書かないが、うつ病と発達障害なら普通は書くから頼めばいいだけ。診断書代が5千円程度かかるし、手帳は自治体サービスそれぞれだから、有効に使わないともったいない。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bea********さん

編集あり2019/3/1500:09:47

ないと思います。障害者手帳を取るように、主人から言われているところです。双極性障害7年目です。

kim********さん

2019/3/1418:42:35

うつ病が長いので、うつ病に関連する情報を記載しておきます。

「心の病気は、薬を服用して症状を抑えていても、やめてしまえば症状はまた現れます。心身ともに薬に頼らないで健康を取り戻すことが大切だと私は考えます」

そう話すのは、新著『薬に頼らずうつを治す方法』(アチーブメント出版)が話題となっている、ふじかわ心療内科クリニック・藤川徳美院長。食事改善を中心とした治療に、「20年以上のうつ状態から抜け出せた」「一生飲むと言われた薬をやめられた」など、患者さんから喜びの声が届くという。

一般的に精神科では「薬物治療」が中心に行われるが、藤川院長はどんなに症状が緩和しても完治しないことに疑問を抱いていた。

「そこで、初診時に問診とともに血液検査を実施してみると、ほとんどの患者さんがタンパク質、鉄分が不足した“質的栄養失調”の状態になっていたことがわかったのです。質的栄養失調とは、糖質の過多と、タンパク質、脂肪酸、ビタミン、ミネラルの不足です」(藤川院長・以下同)

じつは、うつやパニック障害などの疾患と栄養失調は密接な関係がある。心を安定させるときには「セロトニン」、喜びや幸せを感じるときには「ドーパミン」という神経伝達物質が脳内に分泌される。タンパク質と鉄はこれらを作るのに不可欠で、これらが不足すると心の病いを招きやすくなるという。

また、赤血球内にある「ヘモグロビン値」が不足する状態が貧血だが、血液中の鉄分が不足すると、体の内部に鉄を蓄えるタンパク質「フェリチン値」が減少してくる。

「ヘモグロビン値が低くなる貧血を『鉄欠乏性貧血』と言うのに対し、フェリチン値が低くなることを『潜在性鉄欠乏症』と言います。健康診断の数値を見ただけでは、鉄不足を見逃してしまうので注意が必要です。うつ、イライラ、不眠、動悸やめまいといった症状の人にとても多いのが、この『潜在性鉄欠乏症』なのです」

そこで、藤川院長は’12年4月から栄養療法を取り入れた治療を開始。4カ月目から徐々に鉄不足が解消され、薬を手放すことに成功した人が続出したという。今まで症状を改善させた人はなんと約3,000人!

「鉄とタンパク質が効率よく取れる食材は、卵と肉。卵は1日3個以上、肉は200グラム以上取ることが理想です。また、体内への吸収がより高い『ヘム鉄』が多く含まれる肉、魚も積極的に食べるとより理想的です」

一方で、糖質を取りすぎると、神経伝達物質が作られなくなり、エネルギー代謝が乱れてしまう、甘いものやご飯やパンの過度な摂取には注意しよう。

心の病いを遠ざける食事の基本6原則は次の通り。

【1】動物性タンパク質を積極的に取る
【2】鉄分を十分に取る
【3】良質な脂質を取る
【4】糖質を控える
【5】牛乳を飲みすぎない
【6】インスタント食品や食品添加物を控える

憂うつな気分が続く人は、1日卵3個の食事をさっそくスタートしてみよう!

spr********さん

2019/3/1322:35:23

こんばんは。
特に条件らしいものはないと思います。
二年ほど前に、私も障害者保健福祉手帳の申請をしました。私の場合は、うつ病と不眠症でした。まあ、あまり正々堂々としては言えませんが、医師が手帳申請用の診断書を書くわけですから、医師にはなるべく大袈裟な診断書を書いてもらうように、それとなく伝えておいた方が良いと思います。お陰様で、私の場合には、障害等級2級の手帳が交付され、さまざまな便宜をはかってもらえています。手帳の申請が通れば、次には障害年金への道も開かれます。ただ、障害年金の申請には、改めて障害年金申請用の診断書を医師に書いてもらわなければならず、手帳の等級によって年金額が決まるのではなく、障害年金申請用の診断書の内容によって、年金額の等級が決まる仕組みになっています。私の場合、手帳の障害等級は2級でしたが、年金額の等級は3級で認められてしまいました。2級と3級では給付額が全然違いますので、些か残念でした。それでも、ふた月に一度、13万円ほどいただけており、とても助かっております。
まずは、手帳の等級が2級になるような診断書を書いてくれるよう、医師に所望してみてはいかがでしょうか?

hid********さん

2019/3/1322:23:12

ないです。
保健所から申請用紙を貰って、必要書類を提出すれば、三級は簡単に出ます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる